オトナライフ世界紀行

【アメリカ】ブラックロック砂漠「極彩色の噴泉塔と、世界最大の奇祭」

アメリカ・ネバダ州北西部にあるブラックロック砂漠。標高1191メートルの高地に位置し、東西を山脈に挟まれた盆地に広がるこの砂漠には、虹色をした世にも不思議な墳泉塔があります。
その始まりは1916年、この過酷な土地に農園を造ろうと試みた開拓者たちが井戸を掘り続けたところ、ついに水源を掘り当てたことに端を発します。
しかし、その井戸は熱湯が絶え間なく噴き出し続ける熱水源だったのです。
以来、「フライ・ガイザー(Fly Geyser)」と呼ばれるこの噴泉塔はその後も100年近く成長を続け、現在の姿になりました。

【アメリカ】ブラックロック砂漠「極彩色の噴泉塔と、世界最大の奇祭」

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。

【アメリカ】ブラックロック砂漠「極彩色の噴泉塔と、世界最大の奇祭」のページです。オトナライフは、【ライフスタイル、世界紀行、旅行、海外、海外旅行、観光】の最新ニュースをいち早くお届けします。