オトナライフ世界紀行

【ナミビア】ナミブ砂漠「砂に飲み込まれゆく、砂漠のゴーストタウン」

ナミビア南西部の大西洋側に広がるナミブ砂漠には、今にも砂に飲み込まれそうなゴーストタウン、コールマンスコップがあります。
近郊の港町リューデリッツから2.3キロほど内陸部にあるこの小さな街は、1908年にダイヤモンドの鉱脈が発見されたことで、一攫千金を夢見て集まってきた労働者たちの拠点地として発展しました。
当時、ナミビアがドイツ領南西アフリカの一部だったことから、砂漠のなかにドイツ風の建物が並ぶという珍しい街並みができあがり、コールマンスコップと名付けられ、病院や学校、劇場やカジノなどの娯楽施設も充実していたといいます。
しかし、第2次世界大戦後にダイヤモンドの価値が下がると、それに比例するように街は衰退し、人も離れていきました。
そして、1954年に完全に無人となって以降、放置されたままになっているコールマンスコップは、徐々にナミブ砂漠に飲み込まれようとしています。

【ナミビア】ナミブ砂漠「砂に飲み込まれゆく、砂漠のゴーストタウン」

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。

【ナミビア】ナミブ砂漠「砂に飲み込まれゆく、砂漠のゴーストタウン」のページです。オトナライフは、【ライフスタイル世界紀行旅行海外海外旅行観光】の最新ニュースをいち早くお届けします。