オトナライフ世界紀行

【デンマーク】ルビャオ・ クヌード灯台「海に沈みゆく灯台」

ヨーロッパ大陸北部にある、北海とバルト海を分かつユトランド半島。デンマーク北部の街イェリングに位置するルビャオ・クヌード灯台(Rubjerg Knude lighthouse)は、このユトランド半島の大半を占める北側のデンマーク領の海沿いに、人々から忘れ去られたようにして、砂丘の中にぽつんとたたずむ廃灯台です。
ルビャオ・クヌード灯台は、1899年に建設が始まり、1900年12月27日に稼動を開始しましたが、このエリアで深刻な問題となっている、海岸の浸食や移動する砂丘の問題により、1968年には早くも灯台としての役割を終えてしまいます。
その後は博物館やコーヒーショップとして利用されていたこともあったのですが、さらに進んだ海岸の浸食や拡大する砂丘により、2002年には完全に放棄されることになりました。
灯台が完成した当時は、海岸からおよそ300メートル離れた場所に建てられていたのですが、今では海岸ギリギリの場所にあり、海岸の浸食とともに少しずつ砂中に沈んでいっているルビャオ・クヌード灯台。
2023年には完全に海に沈んでしまうだろうと予測されています。

【デンマーク】ルビャオ・ クヌード灯台「海に沈みゆく灯台」

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。

【デンマーク】ルビャオ・ クヌード灯台「海に沈みゆく灯台」のページです。オトナライフは、【ライフスタイル世界紀行旅行海外海外旅行観光】の最新ニュースをいち早くお届けします。