株主優待を含む実質利回りは3.66%【株主優待】ビックカメラは年2回商品券がもらえて実はかなりお得!

PayPay100億円祭より美味しいビックカメラの株主優待

【株主優待】ビックカメラは年2回商品券がもらえて実はかなりお得!

(Image:biccamera.co.jp)

 大都市部に住んでいる人なら、駅前にある大手家電量販店の(株)ビックカメラ(東1・3048)を利用していることだろう。とくに2018年末はPayPayの100億円祭で大いに盛り上がったので、得した人も多いのでは?
 そんなビックカメラの株主になると、自社で利用可能な商品券を2月と8月の年2回もらえることをご存じだろうか? 2019年1月4日現在のビックカメラの株価は1,366円であり、最低投資額は100株・13万6,600円である。1株配当は20円(100株で2,000円)なので、配当利回りは1.46%程度とさほど美味しくはないのだが、100株で年3,000円分の商品券をもらえるため、実質的な配当利回りは3.66%になるのである。これならPayPay100億円祭より美味しいかも!

【株主優待】ビックカメラは年2回商品券がもらえて実はかなりお得!

■(株)ビックカメラ(東1・3048)の基本情報
株価:1,366円
売買単位:100株
最低投資額:13万6,600円
配当利回り:1.46%
株主優待:自社商品券(2月・8月)
※2019年1月4日時点

2年以上保有すれば実質配当利回りは5.12%!

【株主優待】ビックカメラは年2回商品券がもらえて実はかなりお得!

 ビックカメラの自社商品券は1,000円券で支給されることになっており、100株以上で年3,000円(1,000円券×3枚)、5,000株以上で年5,000円(1,000円券×5枚)と保有枚数が増えていく。ほかにも、継続保有1年以上で1,000円分、2年以上で2,000円分が追加される制度もある。もし、2年以上ビックカメラ株を保有していれば、100株でも年5,000円分の商品券がもらえるので、実質配当利回りはなんと5.12%に跳ね上がるのだ。株価の安い今のうちに仕込んでおけば、将来はお宝株に化けるかもしれない。
 ちなみに、2月末日基準日で商品券は5月に発行(利用期限は11月30日まで)され、8月末日基準日では11月に商品券が発行(利用期限は翌年の5月31日まで)される。また、この自社商品券はグループのコジマでも利用可能なのがうれしい。もちろん、株投資は自己責任で!

 

■株主優待券を含めた配当利回り(100株時)
①配当:2,000円
②自社商品券:3,000円
①+②=5,000円
株主優待利用額分を含む実質配当利回りは3.66%