どうにも売れないときの必殺技

【マンション】中古マンションを早く売る裏技

中古マンションが売れないときの必殺技!

【マンション】中古マンションを早く売る裏技

 人生において、引っ越し、離婚、倒産、相続など、さまざまな理由で急にマンションを売却しなければならないこともある。そんなときは、とりあえず不動産会社に相談すればいいのだが、中古マンションの売却は基本的に売主個人が行うものだ。不動産会社の営業さんはいくらでも相談に乗ってくれるが、あくまでも買主を紹介するのが仕事であり、売り出し価格や部屋の清掃・リフォームなどをするか、誰に売るかなどの最終判断は、すべて売主個人の責任で行うことになる。
 中古マンションが早く高く売れるかどうかは条件しだいである。まず何といっても価格。価格が相場より安ければすぐに売れるが売主は損をする。次に築年数。当然、新しければ新しいほど高く売れる。そして、駅からの距離や部屋の向きである。都市部では駅から近いこと、リビングの方角(南向き)などが重要だ。もちろん、人によってマンションに求める条件は千差万別だが、この3つでほぼ決まってしまうといっても過言ではない。
 だが、この3つの条件が整っていても、なかなか売れないマンションもある。そんなときは「ホームステージング」を検討してみてはいかがだろうか? これこそが中古マンションを早く売る必殺技なのだ!

【マンション】中古マンションを早く売る裏技

(Image:Shutterstock.com)

アナタが中古マンションを買う側だとして、こんな汚い部屋を見せられたらだろうか? テンションが下って買う気も失せるはずだ。やはり部屋はキレイなほうがいい

中古でもモデルルームのように飾ってイメージアップ!

【マンション】中古マンションを早く売る裏技

ホームステージング例。左写真のように部屋がキレイでも、家具などが何もないと夢のある新生活をイメージしにくいのだ。ホームステージングすれば新築のモデルルームのようなので、買主の奥さんのテンションも上がるはず(右写真)。(株式会社ホームステージング・ジャパンより)

 もし、マンションに住みながら売却しようとすると、買主が内見に来たときに生活感溢れる部屋を見せられてガッカリすることになる。また、部屋を空けてリフォームしても、家具のないガランとした部屋では引っ越し後の新生活をイメージしにくい。これでは売れるマンションも売れなくなってしまう。
 もし、中古マンションが3カ月経っても売れないと、売主は精神的にドンドン追い詰められて辛くなる。結局は販売価格を100万円単位でズルズルと下げ続けて大損することになるのだ。そこで登場するのが「ホームステージング」である。ホームステージングとは中古住宅でも家具やインテリアで飾って、まるで新築マンションのモデルルームのようにすること。これなら、内見に来た買主も夢のある新生活のイメージできるので、売れる可能性が高くなるというわけだ。
 もちろん、ホームステージングには20~50万円程度の費用がかかるが、100万円単位でズルズルと値下げするよりも、むしろ経済的だ。最近では不動産会社でもホームステージングを紹介してくれるサービスがあるので、もし中古マンションがなかなか売れないときは検討してもらいたい。

【マンション】中古マンションを早く売る裏技のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスタワーマンションマンション住まい住宅】の最新ニュースをいち早くお届けします。