オトナライフ世界紀行

【ペルー】ナスカの地上絵「古代ナスカ人が残した、”人類最大の謎”」

ペルー南部、アンデス山脈と太平洋に挟まれた砂漠地帯に点在する、「ナスカの地上絵」。世界遺産でもある、あまりにも有名なこれらの地上絵は、紀元前2世紀~6世紀にこの地に栄えた、ナスカ文明の時代に描かれたとされています。
その数、なんと数百。しかし、その巨大さゆえに地上からは識別することができず、数千年という長きにわたって誰にも気付かれることなく放置されていたのですが、20世紀に入って飛行機が発明されたことで、ようやく発見されることになりました。
ちなみに、2018年11月11日に放送されたテレビ番組「世界の果てまでイッテQ」で、新たに発見されたナスカの地上絵を手越画伯が真似して描くという企画でも話題になりましたが、ナスカの地上絵はすべて発見されているわけではなく、今もなお新しい地上絵が次々に発見され続けているのです。

【ペルー】ナスカの地上絵「古代ナスカ人が残した、”人類最大の謎”」

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。

【ペルー】ナスカの地上絵「古代ナスカ人が残した、”人類最大の謎”」のページです。オトナライフは、【ライフスタイル、世界紀行、旅行、海外、海外旅行、観光】の最新ニュースをいち早くお届けします。