オトナライフ世界紀行【イギリス】ダノター城「スコットランドの歴史を見つめ続けている廃城」

ダノター城の歴史

【イギリス】ダノター城「スコットランドの歴史を見つめ続けている廃城」

 周囲を断崖絶壁に囲まれた、岩山の上に築かれているダノター城。現在お城が建つ場所には、かつてローマ帝国に支配されていた時代から、ピクト人と呼ばれる人々が居住していました。
 そして5世紀頃、キリスト教を伝えるためにこの地を訪れた宣教師、聖ニニアンにより教会が建てられます。
その後7世紀になると、ヴァイキングの侵略に備えて石造りの砦に改築され、14世紀に入るとマリシャル伯爵家の居城として、現在の城が築かれました。
 しかし17世紀、イングランド軍の総司令官兼総督だったオリバー・クロムウェルによるスコットランド侵攻の際には、スコットランド王党派の最後の拠点としてスコットランド王家の宝物を守り、激しい戦闘が行われました。

 

続きは【Docca(ドッカ)】で読む

 

世界とリンクする脳内逃避マガジン「Docca(ドッカ)」からの転載記事です。