Chromeを使ってスッキリ共有

【今さら聞けない】異様に長いURLを短くして相手に送りたい!

URLをそのままコピー&ペーストすると正しくリンクが貼れないことも

【今さら聞けない】異様に長いURLを短くして相手に送りたい!

(Image:BigTunaOnline / Shutterstock.com)

 ウェブページのURLを共有したいと思ったとき、アドレスバーからコピー&ペーストするのが一般的な方法だ。しかし、このやり方では、URLの末尾に余分なパラメーターがついてきてしまい、異様に長くなっていることがある。URLが長いと行の折り返しが発生し、そのままメールやSMSに送ると正しくリンクが貼れていないこともある。また、パラメーターには、参照元のサイト名や検索キーワードなどの情報が含まれていることがあり、セキュリティ的にも好ましくない。特にAmazonなどのショッピングサイトでは、異様に長いURLになることが多い。このようなページを共有することが多い人は特に注意したい。

【今さら聞けない】異様に長いURLを短くして相手に送りたい!

アドレスバーにはサイトのURLしか表示されておらず、URLに不要なものが含まれているかどうかはわからない

【今さら聞けない】異様に長いURLを短くして相手に送りたい!

URLをコピー&ペーストするために、アドレスバーをタップしてコピーする

【今さら聞けない】異様に長いURLを短くして相手に送りたい!

これをメッセージアプリなどに貼り付けてみよう。URLが末尾にパラメーターが付いており、異様に長いURLになっていることがわかる

Chromeなら無駄なURLをカットして共有できる

【今さら聞けない】異様に長いURLを短くして相手に送りたい!

iPhoneの場合、Chromeアプリで共有したいページを表示したら、アドレスバーの共有アイコンをタップする。Androidでは、画面右上の縦に点が3つ並んだアイコン→「共有」の順にタップする

 この異様に長いURLをスッキリさせてシェアしたいなら、GoogleのChromeアプリを使うのがベストだ。Chromeアプリなら、長いURLの無駄な部分をカットする機能があり、特に複雑な操作をしなくてもスッキリとしたURLで共有できる。この機能はバージョン64移行で利用が可能。古いChromeアプリだと利用できないので、バージョンを確認してから利用してみよう。

【今さら聞けない】異様に長いURLを短くして相手に送りたい!

共有画面が表示されるので、共有するアプリを選択する。ここに表示されないアプリに貼り付けたいときは、「コピー」をタップする

【今さら聞けない】異様に長いURLを短くして相手に送りたい!

URL末尾のパラメーターが削除され、スッキリとしたURLが貼り付けられた

【今さら聞けない】異様に長いURLを短くして相手に送りたい!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスChromeビジネス】の最新ニュースをいち早くお届けします。