手が塞がるようなシーンで役立つ

【iPhone】電話がかかってきたとき「自動で電話に出る」やり方

iPhoneに電話がかかってきたとき、「応答」をタップすると電話に出られる。しかし、運転していたり、洗い物をしたりしているような場合、画面をタップできずに出られないことがある。通話はできるが、画面がタップできないときは、「自動で電話に出る」を有効にしておくと便利だ。

自動で電話に出られる「自動応答」

【iPhone】電話がかかってきたとき「自動で電話に出る」やり方

(Image:Shutterstock.com)

「自動で電話に出る」とは、「iPhoneにかかってきた電話に自動で出る」その名のとおりの機能だ。この機能を有効にすると、設定した時間コールした後に自動的に応答してハンズフリー通話ができるようになる。iPhoneに手を触れなくても電話に出られるので、iPhoneをカーナビに接続して運転しているときや、洗い物のような手が塞がる作業をしているときに役立つ。

【iPhone】電話がかかってきたとき「自動で電話に出る」やり方

iPhoneの設定画面を表示したら、「一般」→「アクセシビリティ」→「通話オーディオルーティング」の順にタップする

【iPhone】電話がかかってきたとき「自動で電話に出る」やり方

「通話オーディオルーティング」画面が表示されるので、「スピーカー」を選択し、「自動で電話に出る」をタップする

【iPhone】電話がかかってきたとき「自動で電話に出る」やり方

「自動で電話に出る」をオンにし、自動的に応答するまでの時間を設定する

【iPhone】電話がかかってきたとき「自動で電話に出る」やり方

電話がかかってくると、通常の応答画面が表示される。自動的に応答する時間まではコールされる

【iPhone】電話がかかってきたとき「自動で電話に出る」やり方

設定した時間を経過すると、自動的に応答してハンズフリー通話になる

相手から電話がかかってくることがわかっているが、用事をしなければならないようなときに使うと便利なこの機能。設定するのがやや面倒なのが玉に瑕だが、覚えておいて損はないだろう。

 

【iPhone】電話がかかってきたとき「自動で電話に出る」やり方のページです。オトナライフは、【デジタルiPhone便利電話】の最新ニュースをいち早くお届けします。