サブ端末があればなんとかなる!

【LINE】誤爆で「送信取消」と「削除」を間違えてしまった! どうすれば?

LINEの誤爆は、相手との関係を悪くしてしまう可能性が高い危険なもの。誤爆してしまったときのために「送信取消」機能があるが、焦ってメッセージを削除してしまった場合はどうすればいいのだろうか。

「送信取消」と「削除」は隣同士なのでミスしやすい

【LINE】誤爆で「送信取消」と「削除」を間違えてしまった! ヤバい!

(Image:Natee Meepian / Shutterstock.com)

 LINEの「送信取消」は、送信したメッセージを取り消す機能。誤爆したときに重宝するものだ。しかし、「送信取消」の横には「削除」が並んでおり、誤って操作しがち。特に誤爆したときは焦っているので、間違って操作してしまう可能性は高い。
 もしメッセージを削除してしまうと、そのスマホからは送信を取り消せない。メッセージの削除は端末ごとに管理されているため、相手側には誤爆で送ったメッセージがそのまま残る。こうなると、自分のスマホからはどうすることもできなくなってしまう。

【LINE】誤爆で「送信取消」と「削除」を間違えてしまった! ヤバい!

メッセージの送信を取り消すには、メッセージをロングタッチして「送信取消」をタップする。しかし、その隣には「削除」が並んでおり、間違って操作しやすい

【LINE】誤爆で「送信取消」と「削除」を間違えてしまった! ヤバい!

間違って削除してしまうと、当然ながらメッセージが消えてしまう。こうなると、このスマホからは送信を取り消せなくなる

iPadやパソコンでLINEにログインしていれば取り消せる!

【LINE】誤爆で「送信取消」と「削除」を間違えてしまった! どうすれば?

サブ端末でLINEにログインするには、LINE公式サイト、または使っている端末のストアからLINEアプリをインストールする。起動するとログイン画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力してログインしよう。わからないときは「QRコードログイン」をタップする

 こんな状況を打破するのに必要なのがサブ端末。iPadかパソコンでLINEにログインしていれば、送信取消が可能だ。メッセージの削除は端末ごとに行われるため、スマホでメッセージを削除してもサブ端末にはそのメッセージが残ったままになっている。つまり、サブ端末から操作すれば、そのメッセージを取り消すことができるのだ。
 ただし、ぜひ注意してほしいことが一つある。サブ端末がiPadの場合、ログインしたときからメッセージが同期される。そのため、メッセージを送ったときに、サブ端末ですでに設定済みで、しかもログインしていなければこのワザは使えない。WindowsやMacなどパソコンにLINEアプリを設定したときは、数日前からのメッセージを同期できるようなので、誤って削除してからLINEアプリをインストールし、ログインしても間に合う。ただし、例えば1週間前の送信メッセージを取り消すことはできないので注意したい。

【LINE】誤爆で「送信取消」と「削除」を間違えてしまった! ヤバい!

QRコードログインコードが表示される。スマホのLINEアプリを起動し、「友達の追加」画面で「QRコード」をタップする

【LINE】誤爆で「送信取消」と「削除」を間違えてしまった! ヤバい!

QRコードリーダーが開いたら、サブ端末に表示されているQRコードログインコードを読み取ろう

【LINE】誤爆で「送信取消」と「削除」を間違えてしまった! ヤバい!

QRコードが認識したら「ログイン」をタップ。これでサブ端末でLINEが利用できるようになった

【LINE】誤爆で「送信取消」と「削除」を間違えてしまった! ヤバい!

サブ端末では、ログインしてからのやり取りが表示される。取り消したいメッセージは、スマホと同じ要領で操作すればよい

誤爆はふっと気が緩んだときに起こりやすい。誤爆の瞬間、さっと血の気が引いて、慌てて「送信取消」の代わりに「削除」をタップしてしまうこともありがちだ。そんなとき、あらかじめサブ端末にログインしておけば、最悪の事態も防げるかもしれない。iPadかパソコンがあるなら、まさかに備えてLINEアプリをインストールし、あらかじめログインしておくのがお勧めだ。

 

【LINE】誤爆で「送信取消」と「削除」を間違えてしまった! どうすれば?のページです。オトナライフは、【アプリLINEアプリ誤爆】の最新ニュースをいち早くお届けします。