缶コーヒーが1本たった42円!!

【Amazon】自販機で缶コーヒーを買うのはバカバカしくなってきた!

有名ブランド缶コーヒーでも1本たった67円

 外回りの多い営業職のサラリーマンや工事関係者などは、仕事の合間についつい自動販売機で缶コーヒーを買っていないだろうか? だが、缶コーヒーは1本120円するので、月30本買うとすると3,600円かかっている計算になる。わずかな小遣いしかないサラリーマンにとって、これはちょっと痛いのでは?
 そこでおすすめしたいのがAmazonだ。Amazonで「缶コーヒー 30本」で検索すると、1ロット30本の缶コーヒーがズラリと表示されるはずである。サントリーのBOSSやアサヒ飲料のWONDAなど、有名ブランドの缶コーヒーでも1ロット2,000円~2,200円程度で売られている。たとえば、ワンダ金の微糖は30本で2,022円なので1本たった67円で買えるのだ。つまり、Amazonなら毎月1,578円も節約できる計算になる。

【Amazon】自販機で缶コーヒーを買うのはバカバカしくなってきた!

(Image:Amazon.co.jp)

大きい画像を表示

AmazonならサントリーのBOSSやアサヒ飲料のWONDAなど、有名ブランドの缶コーヒーでも1ロット(30本)で2,000円~2,200円程度と格安で売られている

Amazonなら毎月2,331円も節約できる!

【Amazon】自販機で缶コーヒーを買うのはバカバカしくなってきた!

(Image:Amazon.co.jp)

大きい画像を表示

自販機ではあまり見かけない神戸居留地の缶コーヒーであれば、1本たった42円! 味も悪くない

 Amazonで缶コーヒーを買うとき、Amazonプライム会員になっていれば送料も無料だし、翌日には配達してもらえる。缶コーヒーは30本入った段ボールで送られてくるので、置き場所の確保が必要になるが、会社で缶コーヒーをストックしておけば、いつでも安く缶コーヒーが飲めるというわけだ。
 また、有名ブランド品にこだわらないのであれば30本で1,269円、つまり1本42円という激安価格の缶コーヒーもある。これなら月2,331円、1年ではなんと2万7,972円も節約できるのだから、あまりバカにできない金額だろう。ちなみに、定期お得便にすると1本40円(30本で1,206円)となり、自動販売機の1/3という驚きの激安価格で購入できるのだ。

【Amazon】自販機で缶コーヒーを買うのはバカバカしくなってきた!のページです。オトナライフは、【ライフスタイルAmazon得する飲料】の最新ニュースをいち早くお届けします。