利息くれない大手銀に義理はないだろう

【ネット銀行】「東京スター銀行」は給与の振り込み口座指定で普通預金金利が0.1%

面倒なことは嫌いだが、簡単に高金利を得たいという人におすすめなのが「東京スター銀行」である。なんと、給与の振り込み口座に指定するだけで、普通預金金利が大手銀行の100倍相当の0.1%になるのだ! これなら誰にでもすぐにできるはず。

給与振込口座に東京スター銀行を指定するだけOK!

【ネット銀行】「東京スター銀行」は給与の振り込み口座指定で普通預金金利が0.1%

(Image:tokyostarbank.co.jp)

大きい画像を表示

 楽天銀行やイオン銀行では、一定条件をクリアすることで普通預金金利が0.1%になるサービスを行っているが、わざわざ証券会社の口座を作ったり、リスクのある投信やFXなどを行ったりしたくないという人も多いだろう。だが、東京スター銀行なら、そんな面倒なことをしなくても、普通預金金利0.1%を簡単に得ることができるのだ。
 その方法は実に単純。会社から毎月支払われる給与の振込先を東京スター銀行に指定するだけでいいのである。確かに会社の経理に振込先変更の手続きをする手間はかかるが、それだけで、大手銀行の100倍相当の0.1%の金利を得られるのである。それすら面倒臭いという人は、0.1%の高金利獲得はあきらめよう。

ATM手数料や他行宛振込手数料もお得!

【ネット銀行】「東京スター銀行」は給与の振り込み口座指定で普通預金金利が0.1%

(Image:tokyostarbank.co.jp)

大きい画像を表示

通常、会社の給与の振り込みは「給与振込」と表示される。この表示での入金が「普通預金金利0.1%適用」の条件となるが、会社によっては「給与振込」と表示されない振り込み方をしている場合もあるので要注意!

 東京スター銀行を給与振込口座に指定すると、普通預金金利0.1%の金利が適用される。たとえば、大手銀行の普通預金金利は0.001%なので、仮に100万円を1年預けても10円しか利息はもらえないのに対し、東京スター銀行なら1,000円ももらえるのである(税引き前)。
 なお、東京スター銀行では、ほかにもお得なサービスが用意されている。まず、ATMの時間外手数料や提携銀行ATM手数料などが月8回まで無料になる。次に、他行宛ての振込手数料が月3回まで無料になるほか、米ドルの為替手数料が0円になるのだ。たった0.001%しか利息をくれない大手銀行に何の義理があるのだろう? 今すぐメインバンクを東京スター銀行に変えて、給与振込指定口座にしよう!

【ネット銀行】「東京スター銀行」は給与の振り込み口座指定で普通預金金利が0.1%のページです。オトナライフは、【マネー、お金、ネット銀行、金利】の最新ニュースをいち早くお届けします。