ハサミの切れ味が悪い!

アルミホイルをハサミで切るだけで簡単に切れ味を復活させる裏ワザ!

長年愛用してきたハサミの切れ味が悪くなってきたら、皆さんはどうするだろうか? 古いハサミなんて捨てて、新しいのを買ってしまうかもしれない。でも、ちょっと待った! 実はハサミの刃の切れ味を簡単に復活させる裏ワザがあるのだ。

アルミホイルならどんなものでもOK!

アルミホイルをハサミで切るだけで簡単に切れ味を復活させる裏ワザ!

 ハサミは消耗品。どんなによく切れるハサミでも、やがて切れ味が落ちてしまう。だが、実は簡単な方法で刃の切れ味を復活させることができるのだ。今回紹介する方法は、なんと“ハサミでアルミホイルを切るだけ”。ホントかなと疑った人は是非試してほしい。
 まず、用意するアルミホイルは、普通の家庭用でOK。汚れてさえいなければ、多少シワがある使い古しでも大丈夫だ。次にハサミでアルミホイルをゆっくりと、紙を切るようなスピードで刃の全体を使いながら切断していこう。これを10回程度繰り返すだけでOKなのだ。さっそく、試しに紙を切ってみてほしい。切れ味が戻って来ていないだろうか? もし効果が実感できないようなら、再びアルミホイルを数回切断する。このときは、最初の時よりも回数を少なくするのがポイントだ。

アルミホイルをハサミで切るだけで簡単に切れ味を復活させる裏ワザ!

用意するのはアルミホイルはどんなものでもよい。ただし、あまり汚れてアルミ以外の不純物が付いたものはNG

なぜこの方法でハサミの切れ味が戻るのか?

アルミホイルをハサミで切るだけで簡単に切れ味を復活させる裏ワザ!

(Image:Shutterstock.com)

 それにしても、紙よりも固いアルミホイルを切ることで、どうして刃の切れ味が戻るのだろうか?
 実はアルミホイルを切断しているとき、ハサミの刃では“構成刃先”という現象が起きている。アルミのように柔らかい金属がゆっくりと切られると、圧力によって物理的&化学的な変化が起きる。圧を受けたアルミは切断するハサミの刃先に付着し、加工硬化されて硬い刃を形成。ハサミの失われた刃先として機能するようになるのである。少々専門的でわかりにくい説明になってしまったが、たとえば、アルミホイルを力を込めて丸めると硬い金属球になるが、それと似た現象がハサミに起こったと考えていい。
 だが、アルミを切りすぎると「構成刃先」はやがてハサミから剥離してしまう。また「構成刃先」の効果も一時的なもので、元の鋼ほど刃物としての耐久性はない。本当に切れ味を復活させたいのなら、やはり、砥石で刃を研ぐのが確実だ。しかし、急場をしのぐ生活の知恵としては有意義なテクニックだと言えるだろう。

アルミホイルをハサミで切るだけで簡単に切れ味を復活させる裏ワザ!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネス便利得する】の最新ニュースをいち早くお届けします。