使用していないアプリは取り除こう

【iPhone】ストレージの容量不足を解消したい!

iPhoneを使い込んでいると深刻になってくるのがストレージの容量不足。iPhoneには、長期間使っていないアプリを自動的に判別して取り除く機能が備わっており、簡単にストレージの空き容量を増やすことが可能だ。

使っていないアプリを取り除いて容量確保!

【iPhone】ストレージの容量不足を解消したい!

(Image:slyellow / Shutterstock.com)

 iPhoneのストレージは、写真などのデータだけでなく、アプリも相当量使用している。そのため、アプリを入れすぎるとストレージをひっぱくする原因になってしまう。
「未使用のAppを取り除く」機能は、一定期間利用していないアプリを自動的に削除するもので、ストレージの空き容量を増やすには最適だ。本機能は、iPhoneにインストールされたすべてのアプリが対象となる。しかし、特定のアプリを対象にしたいこともあるだろう。この場合は個別に取り除くといったことも可能だ。
 この機能でアプリが削除されても、アプリの「書類とデータ」は保持される。後から使いたくなった場合、アプリを再インストールさえすれば元の状態から利用できる。アプリのアイコンはホーム画面に残っており、アイコンをタップすればすぐに再インストールできる。
 なお、App Storeで公開が終了してしまったアプリは、再インストールができなくなる。アプリを取り除くときは、App Storeで公開が終了していないかを事前にチェックしておいたほうがいいだろう。

【iPhone】ストレージの容量不足を解消したい!

すべてのアプリを対象に使っていないアプリを取り除くときは、設定画面を開き、「一般」→「iPhoneストレージ」の順に開き、「非使用のAppを取り除く」の「使用」をタップする。これで長期間未使用のアプリが順次取り除かれる

【iPhone】ストレージの容量不足を解消したい!

「未使用のAppを取り除く」機能を停止させたいときは、設定画面で「iTunes StoreとApp Store」を開き、「非使用のAppを取り除く」をオフにすればよい

【iPhone】ストレージの容量不足を解消したい!

アプリを個別に取り除きたいときは、「一般」→「iPhoneストレージ」の順に開き、取り除きたいアプリ名をタップする

【iPhone】ストレージの容量不足を解消したい!

この画面ではアプリのサイズや保存されている個人データのサイズを確認できる。アプリを取り除くときは、「Appを取り除く」をタップ。確認の画面が表示されたら、再度「Appを取り除く」タップしよう

【iPhone】ストレージの容量不足を解消したい!

取り除かれたアプリはホーム画面に残ったままになる。名前の横に雲のアイコンが表示されているのが目印だ。アイコンをタップすればアプリを再インストールされ、元の状態から利用が可能になる

iPhoneのストレージがひっぱくしてきたときに便利な「未使用のAppを取り除く」機能。取り除いたアプリも簡単に元に戻せるので、ストレージに余裕がなくなってきた場合はぜひ活用しよう。

 

【iPhone】ストレージの容量不足を解消したい!のページです。オトナライフは、【アプリiPhoneアプリ便利ツール】の最新ニュースをいち早くお届けします。