GPSの位置情報偽装で歩き回らなくても歩き回ったように見せかけたい!

ポケモンGOやIngress、モンストなど、位置情報を使ったゲームが流行中だ。しかし、実際に歩き回る時間は限られている。そんな人にピッタリなのがGPS偽装ツール。これを使えば、スマホ上で自分の居場所を偽装したり、歩いたように見せかけることができる。

ツールを使う前にスマホの設定を変更しよう

(Image:Shutterstock.com)

 GPS偽装ツールとは、現在いる場所を別の場所に変えたり、動いていないのに動いているように見せかけるものだ。位置情報を使うアプリだけでなく、正しい自分の居場所を別の場所にできるので、ちょっとブラックな使い方にも便利なツールだ。
 GPS偽装ツールの定番とも言えるのが、「Fake GPS Location – GPS JoyStick」。煩雑な設定は不要で、位置情報を別の場所にしたり、動いているように見せかけることが簡単にできるというアプリ。
 なお、このアプリを使うには、「開発者オプション」を有効にする必要がある。これは隠しモードのような扱いなので、アプリをインストールしたらはじめに設定しておこう。

設定画面で「端末情報」をタップ。下部にある「ビルド番号」を7回程度タップする。「開発者向けオプションが~」のメッセージが出たら成功だ

設定画面で「システム」→「詳細情報」→「開発者向けオプション」の順にタップする

画面下部にスクロールさせ、「仮の現在地情報アプリを選択」をタップする

「アプリの選択」が表示されるので、「GPS Joystick」をタップする。これでAndroidの初期設定は完了だ

Fake GPS Location - GPS JoyStick

Fake GPS Location - GPS JoyStick

楽天で購入

GPSの位置情報偽装で歩き回らなくても歩き回ったように見せかけたい!のページです。オトナライフは、【アプリGPSアプリ位置情報偽装】の最新ニュースをいち早くお届けします。