韓国の500ウォン硬貨と関係が!

【新500円玉】知ってた? 500円硬貨が新しくなる意外な理由とは

2019年4月9日、2024年(令和6年)度に新札が発行されるニュースが発表されて大いに盛り上がっているが、2021年(令和3年)度には500円玉も新しくなることはご存じだろうか? ここではどうして500円玉も新しくされるのか? その意外な理由を解説しよう。

500円玉が新しくなるのはズバリ偽造対策!

(Image:Shutterstock.com)

2000年に登場したニッケル黄銅貨の二代目500円玉。2020年(令和2年)で発行は終了することになる

 2019年4月9日、2024年(令和6年)度を目途に日本のお札が新しくされることが発表されたが、同時に2021年(令和3年)度には500円玉も新しくされることになった。それにしても、どうして500円玉がこのタイミングで新しくされることになったのだろうか? その理由はズバリ偽造対策である。
 そもそも500円は世界的に見ても非常に高価な硬貨だ。そのため過去に何度か偽造事件が起きている。代表的なのは韓国の500ウォン硬貨偽造事件である。韓国の500ウォン硬貨は日本で1982年から1999年まで使われた初代500円玉に見た目も大きさもそっくり! しかも、材質まで同じ白銅であったため、少しだけドリルで削って重さを同じにすれば、自動販売機で500円硬貨に交換することができてしまったのである。当時の500ウォンは日本円で170円の価値しかなかったので、その差額を簡単に儲けられた。この事件を受けて、2000年には素材をニッケル黄銅に変更し、偽造対策が施された二代目500円硬貨が登場することになったのだ。
 ちなみに、現在の自動販売機は、おつりレバーを押しても投入した硬貨がそのまま出る仕組みになっているが、それはこの500ウォン硬貨偽造事件対策のためなのである。

韓国500ウォン硬貨は500円と同じ鋳造機で作られていた!?

(Image:Shutterstock.com)

1999年まで使用された白銅貨の500円玉にそっくりな韓国の500ウォン硬貨。現在の価値は日本円の約1/10しかない

 それにしても、どうして500ウォン硬貨はこんなに日本の500円硬貨に似ていたのか? その理由は、日本が韓国にコインの鋳造機を払い下げたためだと言われている。つまり、500ウォンと500円がそっくりなのは当然だったのだ。もちろん、日本政府は韓国に偽造対策を要請したものの韓国はこれを無視し続けた。そのため、結局は日本の方が新たな500円玉を発行することになるわけだが、今も昔も韓国とはそういう国なのである。
 それでは、もう500円玉による偽造事件は起きないのかと言われればそんなことはない。たとえば、2005年1月には、韓国からフェリーで来れる九州のATMなどで約2万枚もの新500円の偽造硬貨が発見されている。また、現在でもコミケの会場などでは500ウォン硬貨を混ぜて代金を支払う行為が後を絶たないという。
 このような実態を知れば、500円硬貨がお札よりも先に新しくされるのも納得できるであろう。

●財務省(公式)は→こちら

 

【新500円玉】知ってた? 500円硬貨が新しくなる意外な理由とはのページです。オトナライフは、【マネーお金新紙幣】の最新ニュースをいち早くお届けします。