位置情報で解除し忘れを防止

【iPhone】自宅を出たらおやすみモードを自動で解除したい!

iPhoneの「おやすみモード」は、電話の着信やメールの受信の通知をしないようにするための機能だ。しかし、設定を戻し忘れていると、いつまでもおやすみモードのままになってしまう。このようなうっかりミスはたったひとつの設定で防止できる。

自宅から移動したら自動的に解除できる

コントロールセンターを開き、3D Touch対応機種は「おやすみモード」のアイコンを強く押込む。対応していない機種はロングタッチする

 おやすみモードを設定したままだと、通知が届かないので電話やメールに気付かないことがある。もし、これが大切な用件だったら一大事だ。このような事故を防止するには、自宅を離れたら自動的に解除するように設定しておけばよい。
 設定は非常に簡単。自宅でお休みモードを設定するときに「この場所から出発するまで」を選ぶだけ。これで自宅を出たら自動的に解除されるので、設定の戻し忘れを防げる。

スケジュールの設定画面が表示されるので、「この場所から出発するまで」をタップする

「おやすみモード」が反転し、機能がオンになった。現在いる場所から移動すれば、自動的にモードがオフになる

おやすみモードは睡眠時だけでなく、映画館など「一時的にその場所だけでマナーモードにする」といったシーンで利用すると大変便利な機能だ。設定の戻し忘れをしてしまいがちな人はぜひ活用しよう。

 

【iPhone】自宅を出たらおやすみモードを自動で解除したい!のページです。オトナライフは、【アプリiPhone便利ツール】の最新ニュースをいち早くお届けします。