コップと水さえあれば誰でもできる!

ゆで卵の殻が簡単にむける驚きの剥き方【裏ワザ】

ゆで卵の殻がキレイにむけなくて、いつもイライラしていないだろうか? しかし、世の中にはそんな悩みを一発で解決するテクニックが存在する。使うのはコップと水だけ。しかも数秒でツルンとむけるのである。今回はゆで卵の殻を超キレイ&簡単にむくワザを紹介しょう。

コップに卵と水を入れて左右に振るだけ!

(Image:Shutterstock.com)

 みんなが大好きな「ゆで卵」。お弁当やインスタントラーメンのアクセントに使っている人も多いのでは? でも、いつも上手にむけなくて周囲に殻が飛び散ってしまう……。そんな人は意外と多いはずだ。「もっとキレイにゆで卵の殻をキレイにむく方法はないものか?」そんな悩みのある人に、誰でも超簡単にゆで卵の殻がむける方法を伝授しよう。
 まず、用意するのはコップと水。器はガラスのコップやマグカップなど固いほうがいいが、紙コップでも大丈夫だ。次に、コップの中へゆで卵を入れて、卵が半分ぐらい浸かる程度(2~3cm)の水を注ごう。あとはコップの口を手でフタをして、両手でシャカシャカと左右に振るだけでいいのだ!

まずはコップにゆで卵を入れて、卵が浸かるぐらい(2~3cmほど)水を注ぐ

手でコップの口をふさぎ、シャカシャカと左右に数秒間振ってみよう。なお、写真は片手でやっているが、両手でコップにフタをしないと水が飛び散る

3~5秒振っただけで、ゆで卵の殻は面白いようにむけていた

驚くほどツルンときれいに殻がむける!

ゆで卵の殻が、ツルンときれいに剥けてしまった!

 コップを振る時間は3~5秒ほど。コップを振るときは中の水や卵が飛び出してしまわないように、しっかり手でフタをしておくのがコツである。筆者は手抜きをして片手で振ったせいで、水が周囲に飛び散ってしまった。
 コップを振り終わったら、中には殻がグシャグシャになったゆで卵が残っているはずだ。その殻を指でつまんで引っ張り上げると、あら不思議……。キレイにツルンと殻がむけてしまうではないか! あとは殻を捨てて、コップの中のゆで卵を取り出せばOKだ。この方法なら、特殊な道具もいらないし誰でも簡単にできるので、是非一度は試してみてほしい。

ゆで卵の殻が簡単にむける驚きの剥き方【裏ワザ】のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネス裏ワザ食事】の最新ニュースをいち早くお届けします。