話題になった「破産者マップ」だが他に便利で使えそうなマップをまとめてみた!

最近話題になった「破産者マップ」。自己破産した人をGoogleマップ上で表示するもので、SNSで紹介されるとバズって多くの人がアクセスした。このようなマップのまとめサイト的なものは数多く存在し、中には生活に便利なものも多いのでぜひ活用したい。

地域の治安がひと目でわかる「犯罪発生マップ」

(Image:bouhan-nippon.jp)

全国読売防犯協力会が提供する「ぼうはん日本」の「犯罪発生マップ」を開くと、各都道府県のリンクが表示される。ここから、調べたい地域を開こう

 自己破産者をマップで視認できる「自己破産者マップ」が話題になり、多くのアクセスを集めたことは記憶に新しい。その後、プライバシーなどの問題ですぐにサービス停止になってしまった。このような特定の目的をまとめたマップサービスは斬新に見えるが、実はさまざまな目的で情報がまとめられている地図サービスは多数存在する。そして、使ってみると便利なものが多いので、いくつか紹介していこう。
 「犯罪発生マップ」は、全国の都道府県警が提供する防犯地図へのリンクをまとめたサイトだ。ここから調べたい地域を開くと、地域の犯罪発生率はひと目で確認できる。たとえば東京都の場合、町丁目単位で発生した犯罪の数や概要、不審者情報などが表示される。自分の住んでいる地域や、引っ越しを検討している場所の治安をチェックしたりするのに非常に便利だ。

(Image:bouhan-nippon.jp)

東京都を開いた場合、町丁目単位で発生した犯罪概要、不審者情報へのリンクが表示されるので、目的の地図を開こう

(Image:bouhan-nippon.jp)

「町丁目単位」を開いた場合、その地域の犯罪発生数が色分けされて確認できる。左側のメニューでは、犯罪の内容で絞り込んで表示することも可能だ

地域の災害リスクとチェックできる「重ねるハザードマップ」

(Image:disaportal.gsi.go.jp)

国土交通省の「ハザードマップポータルサイト」は、災害リスクを地図で表示できるサイトだ。ここで「重ねるハザードマップ」を開く

 日本は常に災害と隣り合わせの国。土砂災害や洪水、津波など、あらゆる自然災害に対する警戒は普段から行っておきたい。そこで役に立つのが「重ねるハザードマップ」だ。これは国土交通省が提供する地図サービスで、洪水、土砂災害、津波、道路防災情報を地図上に重ねて確認できるもの。アイコンを選択すると、その項目の被害が想定される地域に被害状況が重ねて表示されるので、ひと目で危ないかどうかを調べられる。このような情報を事前にチェックしておけば、いざというときの避難計画を立てやすいだろう。

(Image:disaportal.gsi.go.jp)

ハザードマップが表示される。画面左側にある災害種別のアイコンを選択すると、その災害の想定される被害状況が地図に重ねて表示される

話題になった「破産者マップ」だが他に便利で使えそうなマップをまとめてみた!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネス地図地震災害防犯】の最新ニュースをいち早くお届けします。