歌詞の一部検索でも曲を探せる

【YouTube Music】基本的に無料? どうやって使うの?

定額制の音楽配信サービスも定着してきた中、新しくサービスを開始したのが「YouTube Music」。これは、YouTubeから音楽コンテンツだけを抽出したもので、圧倒的なコンテンツ力が大きな特徴。しかも、基本的に無料での利用も可能だ。

無料で思う存分音楽が楽しめる!

(Image:MIND AND I / Shutterstock.com)

「YouTube Music」は2018年11月から提供が開始された無料の音楽視聴サービスだ。これは、YouTubeにアップされた動画の中から音楽のものを抽出したサービスで、音楽の再生前や次の曲との合間に広告を再生することで無料で音楽や動画をストリーミング再生できる。
 本サービスの最も大きな特徴は、コンテンツの強さ。YouTubeには様々なアーティストのPVが投稿されている。つまり、米津玄師やサザンオールスターズ、安室奈美恵などのように、定額制の音楽配信サービスには曲を提供していないアーティストの曲も楽しめるのだ。ただし、YouTube Music用に作られた動画ではないので、フルで聞けない曲もある。また、一般クリエイターの「歌ってみた」系のコンテンツも結構混ざっているので、目的の曲がスムーズに聴けないこともあることに注意したい。
 有料の「YouTube Premium」に加入すれば広告がカットされてより快適になる。また、オフライン再生やバックグラウンド再生といった機能の利用も可能だ。
YouTube Musicで便利なのが、「スマート検索」機能。歌詞の一部といった情報だけでも曲を検索できる。たとえば、耳に残っている歌詞の一部でも入力できれば、該当する曲をすぐに探し出せる。

(Image:music.youtube.com)

YouTube Musicアプリは、「ホーム」「ホットリスト」「ライブラリ」の3つのタブで構成されている。他の音楽配信サービスと同様に、プレイリスト、類似したアーティストの情報、人気の楽曲といった基本的な機能が用意されている

(Image:music.youtube.com)

「ホーム」タブの「使ってみる」をタップすると、好みのアーティストを登録できる。アーティストを登録すると、「ホーム」タブにアイコンが表示され、このアーティストの曲をすぐに聴けるようになる

(Image:music.youtube.com)

お気に入りに登録したアーティストを開くと、シャッフル再生やラジオ再生が可能。曲だけでなく、PVなどのビデオもチェックできる

(Image:music.youtube.com)

楽曲の再生画面。好みの曲でなかった場合は、スキップも可能だ。有料の「YouTube Premium」に加入していると、画面右上のスイッチでバックグラウンド再生の切り替えが可能になる

(Image:music.youtube.com)

点が縦に3つ並んだアイコンをタップすると、メニューが表示される。ここでは、「プレイリストに保存」などの操作ができる。「YouTube Premium」なら、楽曲を「オフラインに一時保存」してネットに繋がずに再生することも可能だ

(Image:music.youtube.com)

プレイリストはYouTubeと共通となる。ただし、楽曲と判定されない動画は、プレイリストは表示されない

(Image:music.youtube.com)

「ホーム」タブの右上にある虫眼鏡アイコンをタップすると、検索画面になる。ここでは、アーティスト名や曲名だけでなく、歌詞の一部でも検索が可能だ

(Image:music.youtube.com)

歌詞の一部で検索しても、このようにヒットした楽曲が表示される。画面上部にあるボタンで「曲」「動画」「アーティスト」などの情報で絞り込むこともできる

現在はショートバージョンの曲や歌ってみた系などが混じってしまうので、玉石混交の感があるYouTube Music。しかし、Google Play Musicと統合が予定されており、良質なコンテンツが増えていくだろう。無料で手軽に楽しむには、ピッタリのサービスだ。

 

【YouTube Music】基本的に無料? どうやって使うの?のページです。オトナライフは、【アプリYouTubeYouTube Musicアプリ音楽】の最新ニュースをいち早くお届けします。