消費電力の節約にも効果がある

【YouTube】背景を「ダークテーマ」にして目への負担を軽減しよう!

楽しい動画が見ていると、ついつい時間を忘れてしまうYouTube。しかし、背景が真っ白なため、長時間視聴していると目が疲れてしまう。目を保護するためにも、YouTubeのヘビーユーザーはぜひダークテーマを設定しておきたい。

背景が黒ベースになるダークテーマを設定する

(Image:PixieMe / Shutterstock.com)

 YouTubeに限らず、背景が白いとどうしても目に負担がかかる。特に夜間など、周りが暗い場合は特に顕著だ。特にYouTubeのように長時間使うアプリの場合、目への負担は考えておきたい。
 YouTubeに用意されたダークテーマとは、通常状態では白だった背景などの部分が黒ベースに、文字やリンクなどが白ベースになるモードのこと。目への負担軽減だけでなく、描写する色に「黒」が多くなるため、その分バッテリーが消費する電力を減らすことが可能になる。
 設定画面でオン/オフを簡単に切り替えられるので、YouTubeをよく使う人は設定しておくのがお勧めだ。

YouTubeアプリを起動したら、画面右上のアカウントアイコンをタップする

アカウント画面が表示されるので、「設定」をタップする

Androidの場合は、ここで「全般」をタップする。設定画面が表示されるので、「ダークテーマ」をオンにする

目への負担を軽減してくれるダークテーマ。消費電力も節約できるので、非常にメリットが高い。特に有機ELディスプレイを搭載したスマホでは節電効果が高いので、ぜひ設定しておこう。

 

【YouTube】背景を「ダークテーマ」にして目への負担を軽減しよう!のページです。オトナライフは、【アプリYouTubeアプリ健康動画】の最新ニュースをいち早くお届けします。