消える理由の多くは操作ミス?

【LINE】あっ、トーク履歴が消えてしまった! その原因はなに?

友だちや仲間との連絡ツールとしてLINEを使っていると、トーク履歴にしか記録されていない会話や写真も少なくないだろう。もし、トークが消えてしまったら大変な事態だ。トーク履歴が消える理由の多くは操作ミス。大切なトーク履歴を消さないためにも注意する点を覚えておこう。

いつも使っているスマホ以外でLINEにログインした

(Image:slyellow / Shutterstock.com)

 LINEのトーク履歴が消える原因はいくつかあるが、その多くは操作ミスによるものだ。トーク履歴は思い出や重要な情報の宝庫なので、万が一の事態に陥らないためにも、LINEの仕様を知ってそのような事故に備えておきたい。
 まず、トーク履歴を消してしまう操作ミスで多いのが、別のスマホでLINEにログインしてしまうこと。LINEが使えるスマホは1台のみなので、別のスマホでLINEにログインすると、以前に使っていたスマホでは利用できなくなる。この場合、そのスマホからはデータが削除されてしまうため、再度ログインしたとしてもトークは消えてしまい、元には戻らない。
 もし、自分が他のスマホでログインしたことがないのであれば、第三者が不正にアクセスしている恐れもある。この場合は、すぐパスワードを変更するなど対処する必要がある。

他のスマホで自分のLINEアカウントでログインされると、今のスマホでは「利用することができません」と表示される。この状態になると、スマホ内にあるトーク履歴を含むLINEのデータはすべて削除されている

タブレットやパソコンでトークルームを整理した

 LINEはタブレットやパソコン向けのアプリも利用できる。このとき、起こしやすいミスがトークの削除だ。タブレットやパソコン上でトークルーム内のメッセージを削除した場合は、その端末上でしか削除されない。しかし、トークルーム自体を削除した場合は、スマホのLINE上でも削除されてしまう。
 タブレットやパソコンでは「使わないから」といった理由で安易にトークルームを整理してしまうと、大惨事に見舞われてしまうので注意が必要だ。

大きい画像を表示

スマホのLINEとタブレットやパソコンのLINEは、トークルームは同期されている。そのため、トークルームを削除すると、スマホでもトークルームが削除されてしまう。「パソコンではこのトークは使わないから」といった理由でトークルームを削除するのは絶対に避けよう

LINEアプリに問題が発生している

 LINEアプリは随時アップデートされているが、アプリに不具合があったときにトークが消えたといった事態が起こり得る。この場合はアプリの修正を待つしかない。LINEの公式ブログやストアの情報を確認し、自分に起きている症状が報告されていないか確認しよう。

LINEの公式ブログでは、不具合が発生したときに報告される。新サービスなどの告知もここで行われるので、定期的に確認しておくといいだろう

iPhoneでトーク履歴を元に戻すには?

 操作ミスでトーク履歴が消えてしまった場合、トーク履歴のバックアップがあれば、バックアップした時点の状態に戻すことが可能だ。
 iPhoneでバックアップからトーク履歴を復元するには、LINEアプリを再インストールする。その後、LINEアカウントにログインすると、トーク履歴の復元を確認する画面が表示される。この画面で「トーク履歴を復元」を選択すれば復元される。なお、この画面でしか復元できないので、誤って「トーク履歴を復元せずに続行」をタップしてしまわないように注意しよう。

LINEアプリを再インストールし、ログインして進めていくと、トーク履歴の復元画面が表示される。この画面で「トーク履歴を復元」をタップすると、バックアップした日時の状態でLINEアプリが利用できる

Androidでトーク履歴を元に戻すには?

 Androidでバックアップからトーク履歴を復元するには、「トーク履歴をバックアップ&復元」アプリで実施する。この画面を開いたら、復元対象のGoogleアカウントを選択。あとは復元処理を実施すればよい。複数のGoogleアカウントを利用している人は、正しいアカウントが選択されていることを必ず確認しよう。

LINEの設定画面で、「トーク」→「トーク履歴のバックアップ・復元」を開く。「Googleアカウント」に利用しているGoogleアカウントが表示されていることを確認。別のものが表示されている場合は、タップして正しいものを選択する。あとは、「復元する」をタップすればトーク履歴が復元される

LINEのトーク履歴を相手に送信してもらう

 このようにバックアップがあればトーク履歴の復元が可能だ。つまり、バックアップがなければ、自分だけではどうすることもできない。しかし、どんな会話を交わしたかを確認したいときは、相手にお願いするという手もある。トーク履歴は相手側の端末にも残っており、相手からトーク履歴を送ってもらうことが可能だ。ただし、送ることができるのは、会話のテキストデータだけ。写真やスタンプなどの情報は入手できない。

トーク履歴を送る側(相手側)は、トークルーム画面の右上にある「∨」アイコン→「設定」をタップする

トーク設定画面が表示されるので、「トーク履歴を送信」をタップする

共有画面が表示されるので、トーク履歴を送信する方法を選択。トーク履歴のテキストファイルが添付された状態で選択したアプリの送信画面が開くので、相手を指定して送信する

トーク履歴のファイルを受け取った側は、届いたファイルを開こう。写真やスタンプは確認できないが、会話した内容だけなら確認できる

トーク履歴のバックアップを取るには?

 このように、LINEのトーク履歴はバックアップがあれば、とりあえずなんとかなる。つまり常日頃からバックアップをしておけば、被害を最小限に抑えることができるということだ。
 バックアップの取り方は、iPhoneとAndroidでは異なる。自分の端末に合わせてバックアップをしておこう。

iPhoneの場合、設定画面→「トーク」→「トークのバックアップ」を開く。「今すぐバックアップ」をタップすれば、iCloudにバックアップされる

Androidの場合、設定画面→「トーク」→「トーク履歴のバックアップ・復元」を開く。「Googleアカウント」で利用しているGoogleアカウントを選択し、「Googleドライブにバックアップする」をタップ。選択したGoogleアカウントにトーク履歴がバックアップされる

さまざまなシーンで使われるLINEのトーク。消失してしまった場合のダメージは計り知れない。このような事態を防ぐためにも、こまめなバックアップが重要。普段から気をつけて、頻繁にバックアップするようにしよう。

 

 

【LINE】あっ、トーク履歴が消えてしまった! その原因はなに?のページです。オトナライフは、【アプリLINEアプリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。