【iPhone】背景をボカし被写体をより際立たせた美しい写真を撮りたい!

一眼レフカメラで撮影した写真は背景をぼかして撮影できるので、被写体をより際立たせた美しい写真が撮れる。このボケを活かした写真は、実はiPhoneでも撮影可能だ。デュアルカメラを搭載したiPhoneなら、手軽にプロっぽい写真を撮れる。

背景をボカした写真を簡単に撮れる「ポートレートモード」

【iPhone】背景をボカし被写体をより際立たせた美しい写真を撮りたい!

(Image:Shutterstock.com)

 iPhoneの「ポートレートモード」は、iPhone 7 Plus/8 Plus/X/XS/XS Max/XRに搭載された撮影モード。背景をボカし、被写体を際立たせる写真が撮れるものだ。
 ポートレートモード対応のiPhoneは、「広角用」と「望遠用」のデュアルレンズ(2つのカメラレンズ)を搭載している。この2つのレンズで撮影した画像を合成し、擬似的に背景をボケさせることで、背景をボカした写真が撮影できる仕組みだ。なお、iPhone XRはシングルカメラのため、擬似的にボケを再現している。そのため、人物の撮影時しか背景をボカせない。人物の顔がしっかり入っていないと通常の撮影になってしまうので注意しよう。
 ポートレートモードは、カメラアプリで「ポートレート」を選択するだけで撮影できる。照明効果も複数用意されているので、シチュエーションに応じて撮影しよう。また、撮影後も照明効果を変更できる。また、iPhone XS/XS Maxは被写界深度の変更も可能。あとから背景のボケ加減を調整することができる。

【iPhone】背景をボカし被写体をより際立たせた美しい写真を撮りたい!

カメラアプリを起動したら、写真の撮影モードを「ポートレート」に変更しよう

【iPhone】背景をボカし被写体をより際立たせた美しい写真を撮りたい!

ポートレートモードで撮影するときは、被写体とある程度離れている必要がある。被写体との距離が近い場合は、「離れてください」と表示されるので、被写体から離れてアングルを決めよう

【iPhone】背景をボカし被写体をより際立たせた美しい写真を撮りたい!

シャッターボタンの上部にある照明効果をスワイプし、シーンに応じた効果を選択。あとはシャッターボタンをタップすればよい

【iPhone】背景をボカし被写体をより際立たせた美しい写真を撮りたい!
大きい画像を表示

利用できる照明効果は全部で5種類。ただし、iPhone 7 Plusは自然光のみ利用可能。iPhone XRはステージ照明とステージ照明(モノクロ)は利用できない

【iPhone】背景をボカし被写体をより際立たせた美しい写真を撮りたい!

撮影した写真を写真アプリで開いて編集モードにする。ここでは、撮影後でも照明効果の変更できる。iPhone XS/XS Max/XRは、スライダーで被写界深度(背景のボケ)を調整できる

高価な一眼レフには、それなりのメリットはある。しかし、今から一眼レフを買おうかと思っている人は、iPhoneのポートレートモードをまずは試してみたい。iPhoneなら、背景をボカしてアーティスティックな写真を手軽に撮れることに驚くだろう。ポートレートモードに対応したiPhoneを所有している人は、ぜひこのモードの撮影に挑戦してみてほしい。

 

【iPhone】背景をボカし被写体をより際立たせた美しい写真を撮りたい!のページです。オトナライフは、【アプリiPhoneカメラ便利ツール写真】の最新ニュースをいち早くお届けします。