誰に宛てたメッセージなのかすぐわかる

【LINE】グループや複数人でのトーク中「リプライ」と「メンション」を使うと便利!

LINEのグループや複数人トークで話が広がった場合、そのまま返信すると誰に宛てたものなのかわかりづらくなってしまう。そんなときに便利なのが「リプライ」と「メンション」だ。これらを使えば、誰に宛てたメッセージなのがすぐにわかるので、会話がスムーズになる。

相手のメッセージに返信したいときは「リプライ」を使う

 LINEの「リプライ」は、トークルーム内の特定の相手が送った特定のメッセージに返信する機能のこと。リプライすると、相手のメッセージを引用して返信される。メールの引用のような使い方と考えるとわかりやすいだろう。
 グループトークだけでなく、1対1のトークルームで流れてしまった過去のメッセージに返信したいときに利用すると、会話の流れを分かりやすくできる。

リプライするときは、返信したいメッセージをロングタッチし、「リプライ」をタップする

メッセージが引用された状態のコメント入力画面が表示される。あとは、いつもどおりにトークを送信すればよい。なお、リプライをやめたいときは、引用の「×」をタップする

リプライで送信したメッセージは、引用とメッセージが表示される

相手を指定してメッセージを送るときは「メンション」を使う

 一方「メンション」は、相手を指定してメッセージを送る機能だ。相手に直接呼びかけるメッセージを送りたいときに利用すると便利。メンションは、「@」マークの後にユーザー名を入力すると、メンションでメッセージを送信できる。いちいち名前を入力するのが面倒な場合は、送りたい相手のメッセージの上にあるユーザー名をタップすればすぐにメンションで送信できる。

メンションで送信するときは、「@」マークの後にユーザー名を入力する。なお、「@」を入力すると、そのトークルームにいる人が候補で表示されるので、タップして選択すれば入力される。また、送りたい相手の名前をタップしても入力できる

メンションで指定すると、その相手の名前が青字で表示される。あとは、トークを入力して送信しよう

メンションで送ったメッセージは、メッセージの先頭に青字でユーザー名が表示される。これで誰に送ったメッセージなのかひと目でわかる

「メンション」で送ったメッセージは通知される

「メンション」で送ったメッセージは、その相手にメンションが届いた旨の通知がされる。メンションの通知は、設定でオン/オフを切り替えられるので、届かないようであれば設定を見直しておこう。なお、「リプライ」には特有の通知機能はなく、通常のメッセージを送ったときの通知だけになる。

LINEの設定画面で「通知」を開く。メンションを通知する場合は、「自分へのメンション通知」をオンにする

通知をオンにした状態で自分宛のメッセージが届くと、メンションである旨の通知がされる

グループや複数人トークでは、会話が弾むとどうしてもトークルームがゴチャゴチャしてしまう。リプライやメンションの機能を活用すれば、どのメッセージに対する返信なのか、誰に送ったメッセージなのかがわかりやすくなるので、使い方を覚えておくと便利だろう。

 

【LINE】グループや複数人でのトーク中「リプライ」と「メンション」を使うと便利!のページです。オトナライフは、【アプリLINEアプリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。