iPhoneやAndroidに最初から入ってるアプリを削除しても大丈夫?

スマホにはいろいろなアプリが最初から付属しているが、その中には「こんなアプリ、いらない!」と思うようなものもある。できれば削除してしまいたいが、あとから問題が起こらないか不安で、なかなか実行に移せない人も多いだろう。そこで、削除しても大丈夫なのか、注意すべき点は何かを知っておこう。

ほとんどのアプリは削除しても問題なし!

 結論から言うと、スマホに付属しているプリインストールアプリの大半は、削除(アンインストール)しても問題ない。そもそも、削除するとスマホの動作に支障が出るようなアプリは、通常の方法ではアンインストールできない仕組みになっているのだ。
 まったく使わないアプリが大量にインストールされていると、スマホのストレージ容量が無駄になる。さらに、アプリによってはバックグラウンドで勝手に動作して、通信量やバッテリーを浪費したり、動作速度の低下を招いたりすることもある。こういった無駄を省くには、不要なアプリを思い切って削除してしまうのも有効な手段だ。

アンインストールする場合はここに注意!

 ただし、いくつか注意したい点もある。まず1つは、削除したアプリがあとから必要になった場合、再インストールが可能かどうかだ。ほとんどのアプリはApp StoreやGoogle Playから再インストールできるが、念のため事前に確認しておこう。もしそのアプリはすでに公開停止されているが、必要なのでインストールしたまま使い続けているアプリの場合は、削除しない方が良い。二度とインストールできないからだ。
 もう1つの注意点は、アプリで作成したデータの扱いだ。アプリ本体を削除すると、そのアプリで作ったデータも消えてしまう場合がある。重要なデータは、アプリをアンインストールする前にバックアップしておこう。

iPhoneやAndroidに最初から入ってるアプリを削除しても大丈夫?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhoneアプリ設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。