iPhoneやAndroidに最初から入ってるアプリを削除しても大丈夫?

iPhoneで付属アプリをアンインストール

 iPhoneでは、ホーム画面にあるアイコンのどれかをロングタッチすると、すべてのアイコンがブルブルと震え出す。この状態でアイコンの左上に表示される「×」をタップすれば、アプリをアンインストールできる。「×」が表示されない場合、そのアプリは削除できない。実際に試してみると、付属アプリの多くが削除可能であることがわかる。

ホーム画面でアイコンをロングタッチした状態。「FaceTime」「カレンダー」「メール」「マップ」など、多くのアプリがアンインストール可能だ

削除したアプリをまた使いたくなった場合は、App Storeの検索画面で「Apple」と入力すれば、プリインストールアプリを含む検索結果が表示される。雲のアイコンをタップして再インストールしよう

Androidで付属アプリをアンインストール

 Androidの付属アプリは機種によって異なるが、大量のアプリがプリインストールされていることが多い。しかも、Google製のアプリと、メーカーやキャリアが独自に追加したアプリが混在しているため、同じような用途のアプリがいくつも付属していることも珍しくない。そのままだと無駄が生じやすいので、使わないアプリは削除してしまうのが得策だ。
 アプリを削除する方法はいくつかあるが、「設定」にある「アプリ情報」の画面からアンインストールを実行するのが一般的だ。なお、「アプリ情報」画面に「アンインストール」ではなく「無効にする」が表示されている場合、そのアプリは削除できない。その代わり、無効にすることでホーム画面やアプリ一覧画面には表示されなくなり、バックグラウンドで勝手に動作するのも防げる。

「設定」→「アプリと通知」をタップして削除したいアプリを選択し、「アプリ情報」の画面が表示されたら「アンインストール」をタップ

削除したアプリを再び使いたくなった場合は、Google Playから再インストールしよう。Google製のプリインストールアプリのほか、メーカーやキャリアのアプリも、ほとんどが同じ方法で再インストール可能だ。ただし、Google Playで公開されていないアプリがある可能性も捨てきれないので、アンインストールする前に確認しておこう

不要な付属アプリをアンインストールすれば、スマホがすっきりして使いやすくなる。ただ、アプリで作成したデータまで消えてしまったり、ストアでの公開が停止されて再インストールできなくなったりする可能性もある。あとで「しまった!」と思うことのないように、削除するときは慎重に判断しよう。

iPhoneやAndroidに最初から入ってるアプリを削除しても大丈夫?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhoneアプリ設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。