気付かないうちに誘導されてしまう

毎月課金される「サブスクリプション」のワナ! アプリ購入してないのに

iPhoneに限らず、スマホでは最近、毎月課金される定期購読(サブスクリプション)のサービスが増えている。いつの間にか定期購読に誘導され、気付かぬうちに契約してしまうケースが多発している。もし、よくわからない課金があれば、すぐにチェックしておこう。

アプリには勝手に契約するものもあるので要注意

毎月課金される「サブスクリプション」のワナ! アプリ購入してないのに

(Image:BigTunaOnline / Shutterstock.com)

 アプリの課金方法は大きく2つに分けられる。1つは購入時し支払う有料アプリで、これは一度支払えば、基本的にずっと使える。もう1つは毎月決まった金額を支払うもので、これを「定期購読」や「サブスクリプション」と呼ぶ。Apple Musicなどがこれにあたる。
 Apple Musicのように明確に料金が発生することを宣言しているサービスならいいのだが、アプリの中には最初の一定期間だけ無料で、手続きをしないとそのまま定期購読が契約されてしまうものが少なくない。そのため、知らぬ間に料金が引き落としされていたといった問題がよく起こる。
 もし、不明な引き落としがあった場合は、定期購読が契約されていないか確認し、不要なサービスが契約されていたらすぐに解約するようにしよう。

毎月課金される「サブスクリプション」のワナ! アプリ購入してないのに

iPhoneの設定画面で、「iTunes StoreとApp Store」を開き、自分のApple IDをタップする

毎月課金される「サブスクリプション」のワナ! アプリ購入してないのに

Apple IDのメニューが表示されるので、「Apple IDを表示」をタップする

毎月課金される「サブスクリプション」のワナ! アプリ購入してないのに

アカウント画面が表示されるので、「登録」をタップする

毎月課金される「サブスクリプション」のワナ! アプリ購入してないのに

「有効」欄に現在定期購読中のサービス、「有効期限切れ」欄にすでに解約したサービスが表示される。「有効」欄で不要なサービスがあれば、それをタップしよう

毎月課金される「サブスクリプション」のワナ! アプリ購入してないのに

解約するときは、画面下部の「登録をキャンセルする」をタップする

毎月課金される「サブスクリプション」のワナ! アプリ購入してないのに

解約を確認するメッセージが表示されるので、「確認」をタップすれば解約は完了だ。なお、メッセージに表示された終了日まではサービスは利用できる

一見無料に見えるアプリでも、実は定期購読のサービスだったということは少なくない。このようなアプリは、トライアル期間を過ぎると自動的に契約してしまい、課金が発生する。使途不明な課金を見つけたら、すぐに定期購読を確認することをお勧めしたい。

 

毎月課金される「サブスクリプション」のワナ! アプリ購入してないのにのページです。オトナライフは、【アプリAndroidiPhoneアプリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。