ピクチャー・イン・ピクチャーを使う

【YouTube】パソコンで再生画面を好きな位置に配置して観たい!

動画を再生しながら作業を進めたいとき、ブラウザーが画面を陣取っているのは邪魔なもの。そこで使いたいのが「ピクチャー・イン・ピクチャー」だ。この機能を使えば、再生画面だけをデスクトップの好きな場所に配置して動画を再生できる。

ピクチャー・イン・ピクチャーはChromeやSafariで利用できる

【YouTube】パソコンで再生画面を好きな位置に配置して観たい!

(Image:Jasni / Shutterstock.com)

「ピクチャー・イン・ピクチャー」とは、動画の再生画面だけを好きな場所に配置できる機能。使い方はとても簡単で、YouTubeの再生画面上で2回右クリックし、プルダウンメニューから「ピクチャー イン ピクチャー」を選ぶだけ。画面の隅に小さなウィンドウ(フローティングウィンドウ)が開いて動画が再生される。ウィンドウを移動したり、サイズを変更したりすることも可能。元のタブが開いている限り、ウィンドウは表示され続けるので、ブラウザーで他のタブに切り替えたり最小化しても消えない。
 利用できるブラウザーは、Windows版やMac版のChrome、Mac版のSafariなどだ。Windows 10のEdgeは現在利用できないが、将来的にはサポートされる予定だ。

【YouTube】パソコンで再生画面を好きな位置に配置して観たい!
大きい画像を表示

YouTubeの再生画面の上で、2回右クリックする。表示されたメニューの「ピクチャー イン ピクチャー」を選択する

【YouTube】パソコンで再生画面を好きな位置に配置して観たい!
大きい画像を表示

画面の隅に小さなウィンドウ(フローティングウィンドウ)が開いて動画が再生される。このウィンドウは、ドラッグ操作でサイズを変更したり、移動したりできる

【YouTube】パソコンで再生画面を好きな位置に配置して観たい!
大きい画像を表示

ピクチャー・イン・ピクチャーは、再生しているタブを閉じない限り表示される。タブを切り替えたり、ブラウザーを最小化しても、再生はそのままだ

【YouTube】パソコンで再生画面を好きな位置に配置して観たい!
大きい画像を表示

ピクチャー・イン・ピクチャーを終了するときは、ウィンドウの右下のアイコンをクリックするか、ブラウザーの再生画面上で2回右クリックして「ピクチャー イン ピクチャー」を選択すればよい

ピクチャー・イン・ピクチャーを使えば、動画の再生画面をデスクトップの好きな場所に配置できる。動画を「ながら見」しながらの作業したいときには、ぜひ活用してみよう。

 

【YouTube】パソコンで再生画面を好きな位置に配置して観たい!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスYouTubeノートパソコンパソコン動画】の最新ニュースをいち早くお届けします。