他の動画サービスも横断して検索できる

「iOS 12.3」から新しく追加された「Apple TV」ってどう使えばいいの?

iPhoneやiPad向けの最新OS「iOS 12.3」に更新すると、新しく「Apple TV」アプリが追加される。「何だろう」と思った人も多いだろうが、実はさまざまな動画サービスのコンテンツを検索するのに非常に便利なアプリなのだ。

映画やテレビなどを横断的に検索できる

「iOS 12.3」から新しく追加された「Apple TV」ってどう使えばいいの?

(Image:ymgerman / Shutterstock.com)

 iPhoneやiPadを「iOS 12.3」に更新すると、今まであった「ビデオ」アプリがなくなり、代わりに「Apple TV」アプリが追加される。このアプリは、今秋にサービスを開始する予定のAppleオリジナルコンテンツサービス「Apple TV+」を視聴するためのアプリで、サービスインに先行してリリースされた。そのため、現在は今までの「ビデオ」アプリと同様の機能だけが利用できる。
 しかし、機能アップも図られており、検索機能は「Apple TV」アプリの方が便利だ。「Apple TV」アプリは、NetflixやAmazonビデオなど、他の動画配信サービスのコンテンツを横断的に検索ができる。もちろん、検索結果からその動画配信サービスのアプリを直接開いてそのまま視聴が可能だ。ただし、すべての動画配信サービスが検索されるわけではない。たとえば、大手動画配信サービスのHuluやdTVなどは対象外だ。これらのサービスを使っている人は、今までどおり、そのサービスのアプリで検索しよう。

「iOS 12.3」から新しく追加された「Apple TV」ってどう使えばいいの?

「iOS 12.3」に更新すると、今まであった「ビデオ」アプリがなくなり、代わりに「Apple TV」アプリが追加される

「iOS 12.3」から新しく追加された「Apple TV」ってどう使えばいいの?

従来の「ビデオ」アプリと同様に、コンテンツの購入やレンタルが可能。今まで購入したコンテンツもここから再生できる

「iOS 12.3」から新しく追加された「Apple TV」ってどう使えばいいの?

コンテンツを検索するときは「検索」タブを開いて、検索ボックスにキーワードを入力する。該当するコンテンツが表示されるので、見たいものをタップしよう

「iOS 12.3」から新しく追加された「Apple TV」ってどう使えばいいの?

コンテンツの詳細が表示される。テレビシリーズなら、シーズンやエピソードの選択も可能だ。画面下部にスクロールすると、このコンテンツを視聴できるサービスが表示される

「iOS 12.3」から新しく追加された「Apple TV」ってどう使えばいいの?

利用したいサービスを選択すると、そのサービスのアプリが開き、コンテンツの再生画面が表示される。あとは通常どおりに再生すればよい

今秋スタートする「Apple TV+」がメインになる予定のアプリのため、現在は従来の「ビデオ」アプリと代わり映えしない「Apple TV」アプリ。しかし、検索は今回紹介したように強化されているので、活用すると便利だろう。

 

「iOS 12.3」から新しく追加された「Apple TV」ってどう使えばいいの?のページです。オトナライフは、【アプリAmazonAppleApple TVHuluiPhoneNETFLIX】の最新ニュースをいち早くお届けします。