バッテリー搭載で屋外でも使用可能!

音楽CDをBluetooth搭載のプレイヤーで聴くなら「BCPLAY_(ビーシープレイ)」がオススメ!

ワイヤレス再生に対応したスピーカーやイヤホンは手軽で便利。しかし、対応しているのは、最新のオーディオプレイヤーやスマホばかり……。懐かしい音楽CDをワイヤレス・スピーカーで聴きたいなら、Bluetooth搭載のCDプレイヤー「BCPLAY_(ビーシープレイ)」を要チェック! 発売はあの蔦屋(TSUTAYA)だぞ。

シックでアナログチックなデザインが◎

音楽CDをBluetooth搭載のプレイヤーで聴くなら「BCPLAY_(ビーシープレイ)」がオススメ!

(Image:store.tsite.jp)

 スピーカーやイヤホンをワイヤレス化するBluetooth送信機能。手軽で便利だが、対応しているのは最新のオーディオプレイヤーやスマホばかり。昔買い集めた音楽CDも手軽にワイヤレス・スピーカーで聴きたい! そんな要望に対応したのが、Bluetooth送信機能を搭載したCDプレイヤー「BCPLAY_(ビーシープレイ)」だ。しかも「BCPLAY_」を販売しているのは、あの音楽・映像ソフトのレンタルや販売等を行うTSUTAYA(蔦屋家電エンタープライズ)なのである。見た目はレコードプレイヤーを彷彿とさせるシックなデザインで、音楽CDをBluetoothスピーカーで再生できる。自宅でじっくり音楽CDを楽しみたい人におすすめ。価格は1万2,000円(税別)で意外とお手頃である。

音楽CDをBluetooth搭載のプレイヤーで聴くなら「BCPLAY_(ビーシープレイ)」がオススメ!

(Image:store.tsite.jp)

「BCPLAY_」は最新のBluetooth送信機能を備えつつ、レコードプレイヤーを彷彿とさせるアナログなデザインも魅力。内蔵バッテリーや音飛び防止など豊富な機能を搭載。またUSBメモリーに保存した楽曲データの再生にも対応している

音楽CDをBluetooth搭載のプレイヤーで聴くなら「BCPLAY_(ビーシープレイ)」がオススメ!

(Image:store.tsite.jp)

①USB端子(USBメモリの音楽も再生可能)
②光デジタル出力端子
③MicroUSB端子(充電用)
④電源ボタン(CD/USB/BTR/Blutooth受信モード切り替え可能)
⑤MODE切替ボタン(通常再生/ランダム再生/1曲リピート/全曲リピート)
⑥PAIRINGボタン(CD/USBモード時に長押しでペアリング先を検索)
⑦3.5mmステレオミニジャック(イヤホン接続可能)

内蔵バッテリー搭載で屋外にも持ち出せる!

音楽CDをBluetooth搭載のプレイヤーで聴くなら「BCPLAY_(ビーシープレイ)」がオススメ!

(Image:store.tsite.jp)

 「BCPLAY_」はBluetooth4.2に準拠しており、通信距離は10~20m。手軽にワイヤレス・スピーカーで音楽CDを楽しめる。また、3.5mmステレオミニジャックと光デジタル端子の外部音声出力を備えているので、ワイヤード・スピーカーにも接続可能だ。
 しかも、USB端子を装備しており、USBメモリーに保存した楽曲再生にも対応するがうれしい。音楽ファイルはMP3/WMA/WAV/AAC/OGG/FLAC/APEと幅広い形式に対応しているので、普段スマホで聴いている音楽も再生可能だ。さらに「BCPLAY_」は1,000mAhの内蔵バッテリーを搭載しており、約3時間の充電で約6時間も再生できる。本体サイズは239×146×29mmで重量は420gとコンパクトなので、気軽に屋外に持ち出せるのも注目ポイントであろう。思い出の音楽CDをなかなか捨てられないという人は「BCPLAY_」をチェックしてみてほしい。

●蔦屋家電エンタープライズ 公式サイトは→こちら

 

音楽CDをBluetooth搭載のプレイヤーで聴くなら「BCPLAY_(ビーシープレイ)」がオススメ!のページです。オトナライフは、【AV・カメラBluetoothスピーカー音楽】の最新ニュースをいち早くお届けします。