「スクリーンタイム」設定で回避できる

【iPhone】アプリ内課金を制限して誤操作による課金を防ぐ方法!

iPhoneを操作していて「誤って課金してしまった!」というシーンを体験した人もいるだろう。このような誤操作での課金を防ぐには「スクリーンタイム」を設定しておけばよい。小さい子供にiPhoneを使わせる場合、勝手に課金させないためにもぜひ設定しておきたい機能だ。

アプリのダウンロードやアプリ内課金に制限をかける

【iPhone】アプリ内課金を制限して誤操作による課金を防ぐ方法!

(Image:BigTunaOnline / Shutterstock.com)

 アプリを使っていて、うっかり課金してしまった人は少なくないはず。このような無駄な課金を防ぐには「スクリーンタイム」でアプリ内課金に制限をかけておけばよい。
 この機能は、iPhoneを利用している時間やアプリの使用時間などを制限できるものだが、アプリ内課金やインストールなども制限が可能だ。
 自分だけでなく、子供や家族にiPhoneを持たせるような場合にぜひ設定しておきたい機能だ。勝手にアプリをインストールしたり、課金するといったことを制限できる。
 また、iPhoneは「iTunes Store」と「ブック」でもコンテンツの購入が可能だ。これらのアプリにも制限をかければ、コンテンツ購入を阻止できる。

【iPhone】アプリ内課金を制限して誤操作による課金を防ぐ方法!

設定画面で「スクリーンタイム」をタップ。機能がオフになっているときは、「スクリーンタイムをオンにする」をタップする

【iPhone】アプリ内課金を制限して誤操作による課金を防ぐ方法!

スクリーンタイムがオンになると、iPhoneの使用時間や操作できるメニューが表示される。アプリ内課金やインストールを制限するには、「コンテンツとプライバシーの制限」をタップする

【iPhone】アプリ内課金を制限して誤操作による課金を防ぐ方法!

「コンテンツとプライバシーの制限」画面が表示されるので、「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップする

【iPhone】アプリ内課金を制限して誤操作による課金を防ぐ方法!

アプリのインストール自体を制限する場合は「インストール」、アプリ内課金を制限する場合は「App内の課金」をタップする

【iPhone】アプリ内課金を制限して誤操作による課金を防ぐ方法!

「許可しない」をタップする。「インストール」の場合は、App Storeが非表示になる。「App内課金」の場合、課金しようとすると「このデバイスでは支払いをすることができません」や「この端末では購入はご利用いただけません」などと表示されて課金ができなくなる

【iPhone】アプリ内課金を制限して誤操作による課金を防ぐ方法!

「コンテンツとプライバシーの制限」画面で「許可されたApp」をタップすると、利用できるアプリを制限できる。ここで「iTunes Store」と「ブック」をオフにしておけば、これらのアプリでコンテンツが購入できなくなる

使う予定もないアプリに課金はしたくない。また、自分以外の家族が勝手に課金してしまうのも困りものだ。このようなことをなくすためにも自分を含め、家族のiPhoneにスクリーンタイムを設定しておくのがお勧めだ。

 

【iPhone】アプリ内課金を制限して誤操作による課金を防ぐ方法!のページです。オトナライフは、【アプリiPhoneアプリ課金】の最新ニュースをいち早くお届けします。