Amazon(アマゾン)の怪しい中華業者の商品を検索から除外する方法!

スマホのアプリでは出品者を「Amazon.co.jp」でフィルタリングする

 スマホのAmazonアプリで検索結果をAmazonが出品した商品に絞り込むには、「絞り込み」メニューを使う。ここでカテゴリーを限定していくと、出品者で「Amazon.co.jp」が指定できるようになる。これで検索し直せば、Amazonが出品した商品だけ表示される。なお、検索結果に表示される商品の数が多いと、出品者で「Amazon.co.jp」が表示されないことがある。この場合は、カテゴリーで絞り込んで商品数を少なくする必要がある。

Amazon(アマゾン)の怪しい中華業者の商品を検索から除外する方法!

商品を検索したら「絞り込み」をタップ。「カテゴリー」を開き、サブカテゴリーを選択する

Amazon(アマゾン)の怪しい中華業者の商品を検索から除外する方法!

サブカテゴリーを選択すると、さらに下位のカテゴリーが表示されるので、任意のものを選択する

Amazon(アマゾン)の怪しい中華業者の商品を検索から除外する方法!

「絞り込み」の下にスクロールさせ、「出品者」をタップ。この中から「Amazon.co.jp」を選択する。これで、Amazonが出品している商品だけが表示される

怪しい業者の商品を購入した人は、Twitterなどで「すぐに壊れた!」といったつぶやきをしている人も多い。せっかく購入するのなら、信用できる商品を購入したいもの。今回紹介した方法で、怪しい商品を検索から除外して掴まないようにしよう。

Amazon(アマゾン)の怪しい中華業者の商品を検索から除外する方法!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフAmazonアプリ買い物】の最新ニュースをいち早くお届けします。