2020年東京オリンピックの記念貨幣も販売されているの知ってた?

チケットの抽選などで徐々に盛り上がってきた2020東京オリンピックだが、実はオリンピック記念貨幣も販売されていたのをご存じだろうか? あまりテレビのニュースにもならないので知らないのは仕方ないが、すでに第二次発行分まで申し込みは終了しているのだ。今回は、今からでも間に合う2020東京オリンピック記念貨幣の買い方を紹介しよう。

すでに第二次発行分までは申し込みが終了している

2020年東京オリンピックの記念貨幣も販売されているの知ってた?

(Image:StreetVJ / Shutterstock.com)

 入場券の抽選で盛り上がってきた2020東京オリンピックだが、その裏で密かに盛り上がっているのがオリンピック記念貨幣である。
 テレビでもあまり報道されていないが、実は2020東京オリンピック記念貨幣(2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣)は、第一次~第四次に分けて、財務省(造幣局)から発売されることになっている。
 まず、第一次発行分は一万円金貨幣(価格:12万円)、千円銀貨幣(価格:9,500円)、百円クラッド貨幣(額面価格引換)の3種類があり、すでに2018年7月~8月に申し込みが終了している。第二次発行分に一万円金貨幣はなく、3種類の千円銀貨幣(価格:9,500円)と、5種類の百円クラッド貨幣(額面価格引換)となっている。こちらも2019年1月~2月で申し込みは終了している。というわけで、これから購入できるのは第三次発行分と第四次発行分ということになるわけだ。
 ちなみに、百円クラッド貨幣とは、異なる種類の金属板をサンドイッチ状に重ね合わせる「クラッド技術」を用いた貨幣のことで、素材に金や銀が含まれるわけではない。

 

●第一次発行分

2020年東京オリンピックの記念貨幣も販売されているの知ってた?

(Image:mint.go.jp)

左から一万円金貨幣(純金・15.6g・直径26mm・4万枚発行)、水泳の千円銀貨幣(純銀・31.1g・40mm・10万枚発行)、フェンシングの百円クラッド貨幣(白銅及び銅・4.8g・22.6mm・394.8万枚発行)

 

●第二次発行分

2020年東京オリンピックの記念貨幣も販売されているの知ってた?

(Image:mint.go.jp)

上段左から陸上・バドミントン、野球・ソフトボールの千円銀貨幣(純銀・31.1g・40mm・各10万枚発行)上段右は共通面。下段は空手・スケートボード・スポーツクライミング・ウイエトリフティング・サーフィンの百円クラッド貨幣(白銅及び銅・4.8g・22.6mm・各394.8万枚発行)。下段右は共通面

 

●第三次発行分

2020年東京オリンピックの記念貨幣も販売されているの知ってた?

(Image:mint.go.jp)

上段から一万円金貨幣(純金・15.6g・26mm・4万枚発行)。中段は体操・柔道・卓球の千円銀貨幣(純銀・31.1g・40mm・各10万枚発行)。中段右は共通面。下段はアーチェリー・カヌー・自転車競技の百円クラッド貨幣(白銅及び銅・4.8g・22.6mm・各394.8万枚発行)。下段右は共通面

2020年東京オリンピックの記念貨幣も販売されているの知ってた?

(Image:mint.go.jp)

大きい画像を表示

2020東京オリンピック記念貨幣の通信販売が行われる独立行政法人造幣局のオンラインショップ。事前に会員登録しておこう

これから買うなら2019年11月申し込みの第三次発行分!

 気になる第三次発行分は、一万円金貨幣(12万2,223円)、3種類の千円銀貨幣(9,676円)、3種類の百円クラッド貨幣(額面価格引換)が用意されている。一万円金貨幣と千円銀貨幣については、独立行政法人造幣局で通信販売されるが、2019年11月1日~3週間程度に購入申し込みが行われ、受け渡しは2020年3月頃になる予定である。百円クラッド貨幣については2020年1月に金融機関の窓口において額面価格での引き換えとなり、詳細は2019年12月に財務省から発表される予定だ。そして、第四次発行分に関しては、現状では、まだ何も発表がないので、造幣局や財務省の公式サイトをチェックしておこう。ちなみに、財務省では新たにオリンピック・パラリンピック各1種類の五百円貨幣の発行も予定している。7月に3種類の図柄の中から投票で1種類を決定し、第四次発行分として2020年7月に全国の金融機関で引き換えを行うそうだ。
 なお、第一次、第二次発行分の貨幣は楽天やYahoo!ショッピングなどでも販売されているが、すでにかなりのプレミアム価格になっている。

2020年東京オリンピックの記念貨幣も販売されているの知ってた?

(Image:mof.go.jp)

五百円貨幣の図柄は2019年6月に一般投票され、7月にはA~C案の中から1種類が決定される予定。どの図柄が選ばれるのか楽しみである。(写真は財務省の公式サイトより引用)

●独立行政法人 造幣局(公式)は→こちら

●独立行政法人 造幣局 オンラインショップは→こちら

●Yahoo!ショッピングは→こちら

 

2020年東京オリンピックの記念貨幣も販売されているの知ってた?のページです。オトナライフは、【マネー2020東京オリンピック硬貨貨幣】の最新ニュースをいち早くお届けします。