古い機種は買い替え必至!

ドコモAndroidでLINEが使えなくなる!? 利用できなくなる機種はどれ?

2019年8月5日、ドコモから衝撃的なニュースが発表された。2019年9月頃から、ドコモAndroidの一部機種でLINEアプリが使えなくなるというのだ。これはいったいどういうことなのか? どの機種が使えなくなるのか、詳しく解説しよう。

該当機種を使っている人は買い替え必至!

ドコモAndroidでLINEが使えなくなる!? 利用できなくなる機種はどれ?

(Image:nttdocomo.co.jp)

大きい画像を表示

 友だちや家族との連絡や音声通話はもちろん、LINE PAYや割引きクーポンなど、もはやLINEなしの生活は考えられない人も多いだろう。だが、2019年8月5日、ドコモから衝撃的なニュースが発表された。ドコモのAndroidでLINEのサービスが使えなくなるというのだ。もちろん、対象となるのは古い機種ばかりなのだが、3~5年前の機種を使っている人はチェックしたほうがよさそうだ。
 まず、2019年9月頃からLINEのトークの閲覧・バックアップを含め、全機能が利用できなくなるのは、Android OS Ver.7.16.1未満のLINEアプリ。具体的には2012年8月発売の「らくらくスマートフォン(F-12D)」や2014年2月発売の「スマートフォン for ジュニア2(SH-03F)」など、高齢者や子ども向けスマホが該当する。もし、該当機種を持っている人は、早めに機種変更しないと、LINEがまったく使えなくなるので注意しよう。

 

■LINEアプリサービス終了機種(2019年9月頃予定)
Android OS:Ver.7.16.1未満のLINEアプリ
・らくらくスマートフォン(F-12D)2012年8月発売
・スマートフォン for ジュニア2(SH-03F)2014年2月発売 
など

ドコモAndroidでLINEが使えなくなる!? 利用できなくなる機種はどれ?

(Image:nttdocomo.co.jp)

写真は2012年8月発売の「らくらくスマートフォン(F-12D)」。2019年9月頃からLINEのトークの閲覧・バックアップを含め、全機能が利用できなくなる

 

■LINEプッシュ通知機能停止機種(2020年3月頃予定)
・らくらくスマートフォン2 (F-08E)2015年6月発売
・らくらくスマートフォン3 (F-06F)2014年7月発売
・ビジネススマートフォン (F-04F)2014年1月発売
・AQUOSケータイ (SH-06G)2015年6月発売
・ARROWSケータイ (F-05G)2015年6月発売
・AQUOSケータイ (SH-01J)2016年10月発売
・P-smartケータイ (P-01J)2016年11月発売
・らくらくホン (F-02J)2016年12月発売

ドコモAndroidでLINEが使えなくなる!? 利用できなくなる機種はどれ?

(Image:nttdocomo.co.jp)

写真は2015年6月発売の「AQUOSケータイ (SH-06G)」。ガラケーのように見えるが、OSはAndroidを採用している。2020年3月頃からLINEアプリを起動していない間に受け取ったメッセージの通知、無料通話の着信通知を受け取れなくなる。アプリを起動すれば、メッセージ受信や着信履歴を確認可能

プッシュ通知が使えないのはかなり痛い!

 さらに、2020年3月頃からLINEプッシュ通知機能や無料通話の着信通知が使えなくなるのは、2015年6月発売の「らくらくスマートフォン2 (F-08E)」や2014年7月発売の「らくらくスマートフォン3 (F-06F)」など、高齢者向けスマホ。さらに、2015年6月発売の「AQUOSケータイ (SH-06G)」や2015年6月発売の「ARROWSケータイ (F-05G)」など、見た目は折り畳み式ガラケーだがOSはAndroidという機種。もちろん、LINEアプリのサービスは使えるのだが、プッシュ通知や無料電話の着信が使えなくなるのはかなり痛い!
 該当する機種のユーザーは、ぼちぼち乗り換えを検討せざるを得ないだろう。

●ドコモ(公式)は→こちら

※サムネイル画像(Image:slyellow / Shutterstock.com)

 

ドコモAndroidでLINEが使えなくなる!? 利用できなくなる機種はどれ?のページです。オトナライフは、【アプリAndroidLINEドコモ】の最新ニュースをいち早くお届けします。