恥ずかしさよりお尻の手入れを

メンズのVIO脱毛を女性看護師にしてもらってわかった本当の注意点

この記事で伝えたいこと

 

・恥ずかしさは最初だけで機械的な施術をされる
・施術中に息子が大きくなるのは個人差がある
・気にすべきは恥ずかしさより「お尻の手入れ」と「お腹の調子」の2つ

施術が始まると「羞恥心」は忘却の彼方へ

メンズのVIO脱毛を女性看護師にしてもらってわかった本当の注意点

(Image:Shutterstock.com)

 メンズのVIO医療脱毛は、クリニックによって施術者の性別が選べるところと選べないところがある。ちなみに筆者はどちらも体験している。
 結論から言ってしまうと、

 

「施術が始まると羞恥心は忘却の彼方へ吹き飛んでしまう」

 

 筆者自身、VIO脱毛を実際に体験するまでは、
「どんな顔してればいいの?」
「ちっさ、きたな、とか思われんのかな?」
「てか、相手は女性で大きくなってしまったらどうしたらええの?」
とオドオドしていたが、それらはすべて杞憂だった。

 

 照射中は「はーい、ここちょっと痛いですよー」とか、「毛が少し残ってるのでちょっと剃りますねー」とか、それくらいの会話しかない。

 

 自分が下半身すっぽんぽんで秘部にレーザーを当てられていることなど忘れてしまうほどだ。

 

 しかも、これは男性看護師と女性看護師で変わりはない。
 少し冷静に考えてみれば、相手は何百本、何千本という陰茎を相手にしてきた猛者。施術前に「恥ずかしい……!」と頬を赤らめていた自分が逆に恥ずかしくなってくる。

中には施術中に「大きくなる人」もいるらしい

 ただ、中には実際に「施術中に大きくなる人」もいるにはいるらしい。
 ちなみに筆者はまったくの無反応。凪、であった。

 

 女性の看護師さんに聞いてみると、大きくなる人はいるものの、それは少数派とのこと。その看護師さんはかなりカワいかったので、この顔面偏差値で無反応の人が多いなら、実際反応しないケースがほとんどではないだろうか。

 

 筆者も施術前の顔合わせで「うわっ!若くてカワイイ人きた。どうしよう……」と思っていたにも関わらず、凪だったのだから。

VIO脱毛で気をつけるべきは、「お尻の手入れ」と「お腹の調子」である

 初めてVIO脱毛をする場合、「大きくなったらどうしよう?」「恥ずかしてくて死ぬ!」といった心配をする方が多いと思うが、施術を受けた筆者からすると、本当に気をつけるべきは

 

・お尻の手入れ
・お腹の調子

 

の2つである。
 お尻を丁寧にウォシュレットで洗っていないと、万が一にでもウ○コや拭き残りのティッシュがついていた日には精神が崩壊してしまうだろう。
 また、お腹の調子を整えておかないと、施術中にオナラを何発もかましてしまったり、トイレに行きたくなったりして、これまた悲惨なことになってしまう。
 個人的には、当日は何も食べずに施術に向かい、施術前の待ち時間にはお尻をウォシュレットでしっかりキレイにしておくことをオススメする。

行けばわかるさ、迷わず行こう

 男性にとって初めてのVIO脱毛はなかなかハードルが高いだろう。
 しかし、いざ受けてみると淡々と照射されるだけでなので「あっ、こんなもんか」といい意味での拍子抜け感がすごい。
 お腹の調子を整え、お尻をキレイにしたならば、もうあなたに怖いものはないはずだ。

メンズのVIO脱毛を女性看護師にしてもらってわかった本当の注意点のページです。オトナライフは、【ライフスタイル健康医療脱毛】の最新ニュースをいち早くお届けします。