厚さ制限がない「レターパックプラス」をゆうパックみたいに使う荒ワザ!

郵便局のレターパックプラスは、日本全国に4kgまでの書類や物を520円均一で送れる便利なA4封筒のこと。実は「レターパックプラス」には厚さの制限がないため、レターパックプラスの中にパンパンに荷物を入れて「ゆうパック」代りに使う荒ワザが注目されている。今回はレターパックプラスに極限まで荷物を詰めて送る荒ワザを紹介しよう!

レターパックプラスには厚さ制限がないのがポイント

 みなさんは郵便局のレターパックをご存じだろうか? レターパックは送料込みの専用A4封筒を購入し、その中に送りたい書類や物(現金は不可)を入れてポストに入れると、日本全国に均一料金で発送できるサービス。しかも、レターパックは荷物の追跡が可能なので、信書(契約書など)を送るのによく使われるのだ。
 レターパックには全国一律520円で送れる「レターパックプラス」と、370円の「レターパックライト」の2種類がある。両者はいずれも4kgまで送ることができるが、「レターパックライト」のほうは宛先のポストに投函されるため、厚さ3cm以内に限定されている。これに対し「レターパックプラス」に厚さの制限はなく、宛先には宅配便のように手渡しされるのが異なる。つまり、「レターパックプラス」は4kg以内であれば厚さのある物を封筒がパンパンになるまで入れてもOKなのである!

「レターパックプラス」の封筒がパンパンになるまで荷物を詰めた状態。厚さ制限はないのでこれでも日本全国一律520円で送ることができる

今回、レターパックの中に詰めたのはB5・96ページの雑誌9冊。もちろん、現金以外で合法的な物なら4kg以内で何を入れても構わない

さすがに、ちょっと重さが気になったので計ってみたところ、約2.3kgしかなかった。完全に合法である!

こちらは「レターパックライト」。料金は安いが、ポストに投函するのが前提なので厚さは3cmまでに制限されている。間違えないようにしよう

北海道-沖縄間なら「ゆうパック」の半額以下!

「レターパックライト」と違い、「レターパックプラス」は厚さの制限がないため、4kgまでなら封筒が箱型になるまで荷物をパンパンに詰めることが可能だ。これで送料は日本全国520円均一なのである。たとえば、「ゆうパック」で60サイズ(縦・横・高さの合計が60cm以下・重量25kg以下)の荷物を東京都内から東京都内宛に送ると、持込割引き適用で690円なので、レターパックプラスは170円しか得しない。だが、これが北海道から沖縄に送った場合は持込割引き適用時でも料金は1,430円もかかるため、「レターパックプラス」なら910円も得するというわけだ。もちろん、3cm以上の厚さのある「レターパックプラス」はポストに入れられないので、郵便局の窓口に持って行く手間は必要になるが、個数が多ければその手間をかけるだけの価値はあるだろう。

2020年7月から郵便局でもキャッシュレス決済が可能となった。ポイント還元の大きいQRコード決済を利用すれば、レターパックをお得に購入できちゃうぞ!

QRコード決済アプリで買えばさらにお得に!

 郵便局では2020年7月からキャッシュレス決済が可能となっているのをご存じだろうか? 詳しくは『郵便局でキャッシュレス決済(ゆうパック・切手・レターパックなど)したらメチャお得だった!』を参考にしてもらいたいが、スマホのQRコード決済でレターパックを購入すると0.5〜3%程度のポイント還元がもらえるのだ。たとえば、LINE Payの「プラチナ」ランクなら最大3%のポイント還元が受けられるので、レターパックプラス1枚につき約15円ほど安くなる計算である。
 さらに、2020年9月1日〜2021年3月31日までは「郵便局キャッシュレス決済キャンペーン」が実施されている。詳細は『9月から郵便局で「ゆうちょPay」決済で5%ポイント還元キャンペーンを実施!』で確認してほしいが、郵便局のQRコード決済アプリ「ゆうちょPay」を、郵便窓口の支払いで利用すると、5%のポイント還元(月上限1,500円まで)が受けらる。これならレターパックプラス1枚につき26円もポイント還元されるのだ。もし、日頃からレターパックを大量に利用している人なら、決してバカにならないだろう。

 

●郵便局「レターパック」(公式)は→こちら
●ゆうちょ銀行「郵便局キャッシュレス決済キャンペーン」(公式)→こちら

厚さ制限がない「レターパックプラス」をゆうパックみたいに使う荒ワザ!のページです。オトナライフは、【裏ワザレターパック日本郵便郵便】の最新ニュースをいち早くお届けします。