AirPods(エアポッズ)バッテリー残量の表示場所を確認する方法! とにかく分かりづらい

Siri(シリ)にバッテリー残量を問い合わせる

 3つ目は、Siri(シリ)に問い合わせる方法だ。Siriを呼び出し「AirPods(エアポッズ)の電池残量は?」と聞けば、AirPods本体のバッテリー残量を答えてくれる。AirPodsを装着しているときに使うと便利だ。

AirPods(エアポッズ)を装着している状態でiPhoneのSiriを呼びだし、「AirPodsの電池残量は?」と聞こう。「○○%です」とAirPods本体のバッテリー残量を教えてくれる

バッテリーケースのステータスランプで確認する

 4つ目は、バッテリーケースのステータスランプで確認する方法だ。AirPods(エアポッズ)を収納している場合、AirPods本体のバッテリー残量が色で確認できる。AirPodsを収納していないときは、バッテリーケースのバッテリー残量が表示される。iPhoneの画面を見られないときは、この方法でチェックするといいだろう。
 なお、バッテリーケースの種類によって、ステータスランプのある場所が異なる。ワイヤレス対応の「Wireless Charging Case」はケースの前面、通常の「Charging Case」は蓋を開けた中にある。

これは有線接続対応の「Charging Case」。AirPods(エアポッズ)は入っておらず、ランプは緑色なので、バッテリーケースはフル充電されていることがわかる

Apple Watch(アップルウォッチ)で確認する

 5つ目は、Apple Watch(アップルウォッチ)で確認する方法だ。AirPods(エアポッズ)を装着中なら、AirPods本体のバッテリー残量を確認が可能。iPhoneを取り出せないときに確認すると便利だろう。

Apple Watch(アップルウォッチ)の画面を下から上に向かってスワイプし、コントロールセンターを表示。その中にあるバッテリーアイコンをタップする

バッテリーの詳細が表示され、現在接続しているAirPods(エアポッズ)本体のバッテリーを確認できる

AirPods(エアポッズ)はバッテリーの持ちが良いのもメリットのひとつだが、長時間使っていると気づかないうちにバッテリー残量が減ってしまう。確認する方法は複数用意されているので、気になったときはいずれかの方法でチェックしてみよう。

文=岩渕茂/フリーライター

AirPods(エアポッズ)バッテリー残量の表示場所を確認する方法! とにかく分かりづらいのページです。オトナライフは、【デバイスAirPodsイヤホン】の最新ニュースをいち早くお届けします。