iPhone 11 PROがいよいよ発売「iOS13」の「カメラ」と「ビデオ」の新機能をチェック!

iPhoneファン待望のiPhone 11 PROが、いよいよ2019年9月20日発売。それと同時期に新型iPhone 11 PROには最新の「iOS13」が導入される予定となっている。そこで今回は「iOS13」で新しくなる「カメラ」と「ビデオ」機能について解説しよう。

「写真」タブはより使いやすく改善される!

iPhone 11 PROがいよいよ発売「iOS13」の「カメラ」と「ビデオ」の新機能をチェック!

(Image:apple.com)

 いよいよ2019年9月20日にアップデートされる予定の「iOS13」。iPhoneユーザーなら待ち遠しいことだろう。そこで、今回は今わかっている「iOS13」で新しくなる「カメラ」と「ビデオ」機能について紹介したいと思う。すでに「iOS13.1ベータ版」が公開されており、Apple公式サイトでもその概要が紹介されているのだ。
 まず、「写真」アプリはデザインや機能が大きく改善される予定だ。「写真」タブには、「年別」「月別」「日別」「すべての写真」という新しい項目が導入され、写真を素早く見つけることができるようになる。たとえば「年別」をタップすると、過去数年間の同じ日付の写真が同時に表示されるし、「月別」ではイベントごとに写真が表示されるのだ。また、大量に保存されている写真で、似たような写真が2~3枚ある場合は、ベストショット以外を非表示にしてくれる機能が搭載されるなど、使い勝手かなり良くなる印象だ。

iPhone 11 PROがいよいよ発売「iOS13」の「カメラ」と「ビデオ」の新機能をチェック!

(Image:apple.com)

「iOS13」では「写真」タブのデザインや機能が大きく変わる。画面下に「年別」「月別」「日別」「すべての写真」項目が導入される(写真は英語表記)

まるでスタジオ照明のようにライティングできる!

 iPhone 11 PROは3つのレンズを持つトリプルカメラが導入されると噂されているが、それに伴い「iOS13」も「カメラ」や「ビデオ」機能が大きく改善される予定だ。
 まず、「カメラ」アプリでは、写真撮影スタジオの照明のように、ライトの位置や強度などをバーチャルに調節できる。しかも、「写真」アプリでは、光度や露光、輝度、ハイライト、シャドーなどを調整できるので、かなり細かく写真を加工できるのだ。また、ポートレートライティングの新機能「ハイキー照明(モノ)」を使うと、白い背景にモノクロの被写体を置いて、クラシックな雰囲気の写真にすることができるという。ちなみに、使用したフィルターやエフェクトは、アイコンをタップするだけで、どれをどの程度の強度でかけているか確認できるほか、エフェクトの適用前と適用後を簡単に確認できるようになっている。
 同様に、ビデオの編集機能も改善されており、ビデオ編集作業を横向き画面で実行できるようになる。もちろん、ビデオのエフェクト機能も強化されており、写真で使えるエフェクト機能(切り抜き、回転、露出調整、フィルター処理と)などをビデオにも適用することが可能となっている。

iPhone 11 PROがいよいよ発売「iOS13」の「カメラ」と「ビデオ」の新機能をチェック!

(Image:apple.com)

「カメラ」アプリでは、まるで写真撮影スタジオの照明を調整するように、バーチャルでライトの位置や強度などを変更できる

iPhone 11 PROがいよいよ発売「iOS13」の「カメラ」と「ビデオ」の新機能をチェック!

(Image:apple.com)

新機能「ハイキー照明(モノ)」を使うと、写真の背景を白にして人物のみを浮き立たせ、クラシックな雰囲気の写真に加工できる

iPhone 11 PROがいよいよ発売「iOS13」の「カメラ」と「ビデオ」の新機能をチェック!

(Image:apple.com)

ビデオにも写真と同じようなエフェクトをかけられるほか、編集時は横向き画面で作業できるようなっている

(※2019/9/11 記事の一部を訂正いたしました)

●Apple「iOSプレビュー」(公式)は→こちら

 

iPhone 11 PROがいよいよ発売「iOS13」の「カメラ」と「ビデオ」の新機能をチェック!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiOSiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。