「LINEカーナビ」が登場! 運転中もClova音声操作可能なAIカーナビアプリ、SDLにも対応

運転中にスマホやカーナビを操作するのは非常に危険だ。しかし、LINEが提供するカーナビアプリは、AIアシスタント機能を使うことで、運転中でもカーナビ操作や音楽の再生、LINEメッセージの送受信などを音声で操作できるという。今回は、LINEユーザーなら是非利用したい「LINEカーナビ」を紹介しよう。

AIアシスタント「Clova」に話しかけるだけでOK!

「LINEカーナビ」が登場! 運転中もClova音声操作可能なAIカーナビアプリ、SDLにも対応

(Image:carnavi.line.me)

 車の運転中にカーナビやスマホを操作する“ながら運転”は非常に危険で、法律でも禁止されている。やはり、カーナビの操作は音声で行う方が安全だ。そこでおすすめしたいのが「LINEカーナビ」である。
 LINEはAIアシスタント「Clova」による音声操作が可能なカーナビアプリ「LINEカーナビ」の提供を2019年9月5日から開始した。この「LINEカーナビ」はカーナビ操作はもちろん、音楽やラジオの再生、LINEメッセージの送受信などもすべて音声で操作できる。対応するスマホはiOS 11.0以降、Android 5.0以降となっている。
 たとえば、「LINEカーナビ」なら「ねぇClova(クローバ)、お台場に行きたい」などと話しかけるだけで、すぐにカーナビが起動して道案内をしてくれる。また、同時に音楽を再生することも可能だ。さらに、地図データの更新まで無料で行ってくれるという。これはなかなか素晴らしい!

「LINEカーナビ」が登場! 運転中もClova音声操作可能なAIカーナビアプリ、SDLにも対応

(Image:carnavi.line.me)

大きい画像を表示

「LINEカーナビ」アプリをインストールしたら、最初にLINEアカウントでログインしよう。そのあと「ねぇ、クローバ、お台場に行きたい」と言えば目的地候補を提示するので、「O番」と目的地を指定すれば、すぐに道案内が始まる

「LINEカーナビ」が登場! 運転中もClova音声操作可能なAIカーナビアプリ、SDLにも対応

(Image:carnavi.line.me)

「Clova」はLINEのAIアシスタント。iPhoneの「Siri」やAmazon「Echo(Alexa)」などに比べるとイマイチ洗練されていないが、基本的な操作は十分可能だ

走行中にLINEのメッセージも音声だけで送れる!

「LINEカーナビ」は運転中にガソリンスタンドを探したくなった場合でも、車を止めることなく「ねぇ Clova、近くのガソリンスタンド教えて」と言えば、すぐにカーナビで目的地を再設定してくれる。もちろん、走行中でも「Clova」は、周囲の騒音の影響を受けることなく、人の音声をしっかり聞き分けることができるという。
 だが、「LINEカーナビ」がもっとも活躍するのは、やはりLINEメッセージの送受信であろう。たとえば、彼女の家に向かう途中に渋滞で遅れそうなときなどは、「ねぇ Clova、LINE送って」と話しかければ、音声だけで彼女にLINEのメッセージを送ることができるのだ。もちろん、彼女からの返信も音声で読み上げてもらえる。
 なお、今後「LINEカーナビ」はトヨタのカーナビと接続し、連携して使用することができるようになるという。トヨタユーザーにはちょっとうれしいニュースであろう。

「LINEカーナビ」が登場! 運転中もClova音声操作可能なAIカーナビアプリ、SDLにも対応

(Image:carnavi.line.me)

今後、トヨタ自動車のカーナビとは、SDL(Smart Device Link)対応アプリとして接続することもできるようになる予定だ

●LINE カーナビ(公式)は→こちら

 

LINE カーナビ(Android)

LINE カーナビ(Android)

楽天で購入
LINE カーナビ(iPhone)

LINE カーナビ(iPhone)

アマゾンで購入

「LINEカーナビ」が登場! 運転中もClova音声操作可能なAIカーナビアプリ、SDLにも対応のページです。オトナライフは、【SNSAILINEアプリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。