Androidスマホで「データセーバー」をオンしてデータ通信量をセーブする方法

スマホで動画配信サイトを見過ぎたりSNSばかり見ていると、つい契約しているデータ量を超えてしまい、データ量を追加購入してしまう人もいるだろう。そんなときは、スマホの設定から「データセーバー」をオンにしよう。これで多少はデータ通信量をセーブできるはずだ。今回はAndroidスマホの設定方法を紹介する。

「データセーバー」でバックグランド通信を抑えよう

(Image:Shutterstock.com)

 毎月のように、スマホで動画配信サイトやSNSばかり見ていると、契約しているデータ量を超えてしまう人も、案外多いのではないだろうか? そんな人は Androidスマホの標準機能である「データセーバー」機能を使ってみよう。
 そもそもAndroidスマホのデータ通信は、自分でスマホを操作してWebサイトや動画配信サイトなどを閲覧したときに消費するだけではないのをご存じだろうか? 実は、ユーザーがスマホを操作していないときに、アプリがデータ通信を行う「バックグラウンド通信」もあるのだ。とくにSNSアプリは常にメッセージを受信しているので、多くのSNSアプリをインストールしていると、それだけでデータ通信量をかなり消費しまうのだ。そこで「データセーバー」機能を使って、バックグラウンド通信のデータ通信を抑制するのである。

機種によって異なる場合もあるが、まずはAndroidスマホの「設定」を開いて、「データ使用量」をタップしよう

「データセーバー」をタップする。ちなみに、この画面では毎月のデータ使用量を確認できるので、自分がどのくらいデータ通信しているか確認できる

「OFF」になっている部分をタップすれば「データセーバー」がオンになる

Androidスマホで「データセーバー」をオンしてデータ通信量をセーブする方法のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidスマホ設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。