「GPS位置情報偽装」すると、どんなリスクがあるのかまとめてみた! ポケモンGOやドラクエウォークなど

「ポケモンGO」や「ドラクエウォーク」のようなGPSを使った位置情報ゲームが大流行中。これに応じて急増しているのが「位置偽装」だ。GPSの認識をごまかすものだが、これを使うと結構なリスクを背負い込む恐れがあるので注意したい。

そもそも「位置偽装」って何?

(Image:Shutterstock.com)

「位置偽装」とは、スマホのGPSをごまかして別の場所にいるように見せかける行為のこと。位置偽装を使うシーンはさまざまあるが、特に多いのが「ポケモンGO」や「ドラクエウォーク」のように街中を出歩くゲームアプリでの使用。これらのゲームは色々な場所に出歩く必要があるが、位置偽装すればすぐに攻略できてしまう。
 位置偽装をするには、専用のアプリを使う。Androidスマホの場合、「Fake gps Location Spoofer Free」や「Fake GPS Location -JoyStick」など、多くの位置偽装アプリがリリースされており、インストールするだけで簡単に居場所を偽装できる。iPhoneはこのようなアプリがリリースされておらず、位置偽装をするにはパソコンが必要になるなど、非常に難度が高い。

左が「Fake gps Location Spoofer Free」、右が「Fake GPS Location -JoyStick」で位置偽装をしているときの画面。どちらもAndroid用のアプリで、特に難しい設定をしなくても、指定した場所にいるように見せかけることができる

「GPS位置情報偽装」すると、どんなリスクがあるのかまとめてみた! ポケモンGOやドラクエウォークなどのページです。オトナライフは、【アプリGPSアプリドラクエウォークポケモンGO位置情報偽装】の最新ニュースをいち早くお届けします。