100円割引券は期限切れに注意!

【裏メニュー】とんかつ・かつ丼の「かつや」は三つ葉や玉ねぎの量を調整できる!

「今日はガッツリ“かつ丼”食いてぇ!」そんなときにおすすめなのが、とんかつ・かつ丼の「かつや」だ。値段は安いのに肉は柔らかく味もしっかり! ガテン系でなくても納得のチェーン店である。実は、そんな「かつや」にも裏メニューや裏オーダーが存在するのだ!

三つ葉、つゆ、玉ねぎの量はいろいろ調整可能!

【裏メニュー】とんかつ・かつ丼の「かつや」は三つ葉や玉ねぎの量を調整できる!

 日本全国で約400店舗を展開するチェーン店「かつや」は、格安で美味しい「かつ丼」や「とんかつ」が食べられるが、そんな「かつや」にも裏メニューや裏オーダーは存在する。
 まず、「かつ丼」の注文では三つ葉の調整が可能。通常より多くしたり少なくできるほか、“三つ葉抜き”も頼める。玉ねぎについても同じように“玉ねぎ抜き”などのオーダーに細かく対応してくれるほか、つゆの量も多め、少なめなどの注文もできるのだ。
 次に、かつやの「カツカレー」や「メンチカレー」などには千切りキャベツが乗っているが、これに違和感がある人は“キャベツ抜き”でオーダーすることも可能。確かに、ココイチなどのカレー専門店のカレーにキャベツは乗っていないので、キャベツ抜きオーダーをする人は意外と多いのかもしれない。ちなみに、「千切りキャベツ」は100円で追加注文することもできる。

【裏メニュー】とんかつ・かつ丼の「かつや」は三つ葉や玉ねぎの量を調整できる!

人気メニューの「かつ丼」では三つ葉、玉ねぎ、つゆの量などを細かくオーダーすることが可能。写真は“三つ葉抜き”で頼んだ「かつ丼」

いつももらえる100円割引券の使い方には注意!

【裏メニュー】とんかつ・かつ丼の「かつや」は三つ葉や玉ねぎの量を調整できる!

「かつや」では、ロースカツやメンチカツなどの定食などでも裏オーダーが可能。「かつや」の定食はボリュームがあるので、食べきれない場合は“ご飯少なめ”のオーダーができる(料金は同じ)。逆に120円プラスすると大盛りに変更できるし、定食のとん汁はプラス40円で(大)に変更することも可能だ。本当にガッツリいきたい日はオーダーしてみよう。
「かつや」といえば、やっぱり行くたびにもらえる「100円割引券」を使うのがお得。持ち帰りでも使えて便利だが、割引券には月末までの使用期限がある。また、1会計税込500円以上でないと使用できないので朝食メニューなどでは使えない点にも注意したい。とはいえ、100円割引券のデザインは何年もずっと同じなので、実は、期限切れに気付かずに使ってしまう人も案外多いらしい……。
 なお、「かつや」では“感謝祭”や“還元祭”などと銘打って頻繁に割引きも行われている。特定の商品が150円引きになったり、500円で提供されることもあるので、チェックしてみよう。 

【裏メニュー】とんかつ・かつ丼の「かつや」は三つ葉や玉ねぎの量を調整できる!

ロースカツなどの定食のライスは、ごはん少なめのオーダーが可能(料金は同じ)。大盛りは120円プラスすればOK。また、定食のとん汁はプラス40円で(大)に変更することができる

【裏メニュー】とんかつ・かつ丼の「かつや」は三つ葉や玉ねぎの量を調整できる!

「かつや」の100円割引券のデザインはずっと同じままだが、実は現在、2019年9月13日~10月31日まで利用可能な「かつや」「からやま」「幸楽苑」の3社共通の100円割引券が配布されている(なくなり次第配布終了)

●かつや(公式)は→こちら

 

【裏メニュー】とんかつ・かつ丼の「かつや」は三つ葉や玉ねぎの量を調整できる!のページです。オトナライフは、【裏ワザかつやチェーン店裏メニュー】の最新ニュースをいち早くお届けします。