「少し休憩しませんか?」

ついついYouTubeを見過ぎてしまう…視聴を防止する方法とは

暇つぶしに最適なYouTube。ついついダラダラと見てしまいがちなものだ。ほかにやることがあるのに見過ぎてしまって、焦ってしまうといった事態は避けたい。このような「見過ぎ」を防止するには、リマインダーを設定するのが効果的だ。

YouTubeの見過ぎを防止する「リマインダー」機能

ついついYouTubeを見過ぎてしまう…視聴を防止する方法とは

(Image:ImageBySutipond / Shutterstock.com)

 YouTubeを見ていて、「え? もうこんな時間!」と思った経験はないだろうか? 時間を決めて視聴すればよいのだが、オススメ動画などに気を取られてダラダラ見てしまうことは少なくない。
 そんな人は、「リマインダー」を設定しておこう。これを設定すれば、設定した時間が経過すると動画がストップし、「少し休憩しませんか?」と通知が届くようになる。リマインダーは、視聴をやめるちょうどよいきっかけになるので、ダラダラしたくないなら設定しておくのがお勧めだ。

ついついYouTubeを見過ぎてしまう…視聴を防止する方法とは

YouTubeアプリを開いたら、画面右上のアカウントアイコン→「設定」をタップする

ついついYouTubeを見過ぎてしまう…視聴を防止する方法とは

設定画面が表示されるので、iPhoneは「休憩をリマインドする」のスイッチをオンにする。Androidは「全般」を開いてから「休憩をリマインドする」のスイッチをオンにする

ついついYouTubeを見過ぎてしまう…視聴を防止する方法とは

「リマインダーの頻度」が表示されるので、リマインダーを通知する時間を設定し、「OK」をタップする。これでリマインダーが設定された

ついついYouTubeを見過ぎてしまう…視聴を防止する方法とは

動画を再生中に指定した時間が経過すると、動画が一時停止して通知が表示される。「閉じる」をタップすると、動画の再生に戻る

YouTubeは、楽しいからこそ節度を持って楽しむようにしたい。リマインダー機能は、そんなダラダラ視聴を防止するのに最適。自分だけでなく、子どもにYouTubeを見せるときに設定しておくと、目を離しても見過ぎを防止できていいだろう。

 

ついついYouTubeを見過ぎてしまう…視聴を防止する方法とはのページです。オトナライフは、【動画関連YouTubeリマインダー】の最新ニュースをいち早くお届けします。