Googleフォトアプリ「Googleレンズ」の使い方-写真内の情報をテキスト化してくれる

撮った写真に写っているテキストをコピーできたら便利!というシーンは案外多い。そんなときに便利なのが「Googleフォト」アプリだ。写真に写ったテキストなら、選択した範囲をコピーして貼り付けたり、検索や翻訳したりできる。

写真に写ったテキストを操作する

Googleフォトアプリ「Googleレンズ」の使い方-写真内の情報をテキスト化してくれる

(Image:BigTunaOnline / Shutterstock.com)

「Googleフォト」アプリは写真を管理するだけでなく、コラージュやアニメーションの作成など多くの機能が用意されている。その中でも特に実用的な機能が「Googleレンズ」だ。これは、写真に写っているものを瞬時に読み取り、情報をテキスト化する機能だ。
 テキスト化されたものは、選択してコピーしたり、翻訳したりできる。
 便利な使い方はいろいろある。たとえば、ホテルなどでフリーWi-Fiの接続情報を写真で撮れば、パスワードをすぐにコピペできるので、面倒な手入力が不要になる。海外に旅行した際、外国語で書かれたものを撮影してそれを翻訳するといった使い方もできる。このように、実用的に使える機能なので、一度は試してみるのがお勧めだ。

Googleフォトアプリ「Googleレンズ」の使い方-写真内の情報をテキスト化してくれる

テキスト化したい被写体を撮影したら、「Googleフォト」アプリを起動し、その写真をタップして開く

Googleフォトアプリ「Googleレンズ」の使い方-写真内の情報をテキスト化してくれる

写真が拡大表示されたら、Googleレンズアイコンをタップする。写真のテキストの認識が始まる

Googleフォトアプリ「Googleレンズ」の使い方-写真内の情報をテキスト化してくれる

認識が完了すると、テキストの部分が選択できるようになるので、必要な部分を選択しよう。「コピー」をタップすると、選択した範囲がコピーされる。「検索」をタップすれば、選択した範囲をキーワードとして検索できる

Googleフォトアプリ「Googleレンズ」の使い方-写真内の情報をテキスト化してくれる

「翻訳」をタップするとGoogle翻訳が起動し、選択した範囲が翻訳される

写真に写った文字をテキスト化できるのは、さまざまな使い方ができて非常に便利なもの。「Googleフォト」アプリは、Googleアカウントさえあれば無料で利用できるので、インストールしておくとさまざまなシーンが便利になるだろう。

 

Googleフォトアプリ「Googleレンズ」の使い方-写真内の情報をテキスト化してくれるのページです。オトナライフは、【アプリGoogleフォトGoogleレンズアプリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。