令和の年賀状は「スマホで年賀状2020」アプリでプリンター不要! お手軽に作れて人気

パソコンで年賀状を作成するために、プリンターのカラーインクを購入しようとしている人も多いのでは? だが、今や年賀状作成はスマホアプリで簡単に作れる時代。もはやパソコンやプリンターは不要なのだ。今年こそはパソコンではなく、年賀状スマホアプリを使ってお手軽に年賀状を作ってみては?

スマホでも写真入り年賀状を手軽に作れる!

令和の年賀状は「スマホで年賀状2020」アプリでプリンター不要! お手軽に作れて人気

(Image:net-nengajo.jp)

 毎年年末になると、奥さんにいろいろ文句を言われながら一生懸命パソコンで年賀状を作っているパパも多いのでは? でも、肝心なときにプリンターのインクが切れで、家電量販店に買い出しに出かける羽目に……。でも、今や年賀状はスマホで簡単に作成できる時代だ。もはや、そんな苦労をする必要はないのである。
 今回紹介する「スマホで年賀状2020」は、300万DLを達成した人気の年賀状アプリ。これひとつで多彩なテンプレートから、簡単に写真付き年賀状を作れるのはもちろん、そのまま相手先に発送することまでできてしまうのが便利だ。とくに2020年版は、定番の干支イラストをはじめ、写真やたくさんのデザインフォーマット、タイアップキャラなど、1,000種類以上のデザインを使用可能となっているので、早めに奥さんに好きなテンプレートをじっくり選んでもらえば文句も言われないだろう。

令和の年賀状は「スマホで年賀状2020」アプリでプリンター不要! お手軽に作れて人気
大きい画像を表示

アプリを起動したら、テンプレートのなかからを好みのものを選択する(右写真)。次に「このデザインでつくる」をタップ(中写真)。「普通紙でつくる(80円)」か「写真用紙でつくる(100円)」を選択しよう(右写真)

令和の年賀状は「スマホで年賀状2020」アプリでプリンター不要! お手軽に作れて人気
大きい画像を表示

今回は「写真あり」を選択したので、「カメラを起動」か「カメラロールから選ぶ」を選択(左写真)。カメラロールで使用する写真を選んで「決定」をタップ(中写真)。写真はフィルター処理や角度調整も可能だ(右写真)

令和の年賀状は「スマホで年賀状2020」アプリでプリンター不要! お手軽に作れて人気
大きい画像を表示

オリジナルスタンプや手書きスタンプなどを入れることも可能(左写真)。試しに年号を入れてみた。OKなら「保存」をタップ(中写真)。「注文手続きに進む」をタップすれば、「自宅に送る」「直接相手に届ける」「サンプルを注文する」が選択可能である(右写真)

印刷はもちろん、宛名書き作業すら不要!

「スマホで年賀状2020」アプリは基本料金無料。年賀状を作成したら、フチあり「普通紙」が1枚80円、「写真用紙」が1枚100円から印刷注文できる。もちろん年賀状のはがき代金は別途かかるものの、10枚から「まとめ割」が適用されて30%オフになるので、CD-ROM付きの年賀状ムックやプリンターのインク代、パソコンで作成&印刷する手間などを考えれば意外と高くはないだろう。
 とはいえ、初めて「スマホで年賀状2020」を使用する人は、いきなり大量に印刷したり、相手に直接年賀状を送るのはちょっと怖いと感じるかもしれない。そんなときは、仕上がりを確認できる「サンプル注文」を利用しよう。これで失敗を防げるはずだ。
 しかも、「スマホで年賀状2020」は「宛名スキャン機能」を使うことで、面倒な宛先入力作業すら不要。去年の年賀状をカメラで撮影するだけで、自動的に宛先帳を無料&無制限で登録できるのが超便利なのだ。アナタも今年は「スマホで年賀状2020」を使って、年賀状作りの苦労から解放されてみては?

令和の年賀状は「スマホで年賀状2020」アプリでプリンター不要! お手軽に作れて人気
大きい画像を表示

トップ画面右下の「宛名スキャン」を選択(左写真)。昨年の年賀状の宛名がある部分を撮影する(中写真)。写真がアップロードされ、数日後にデータとして送られてくる(右写真)

●スマホで年賀状2020は→こちら

 

スマホで年賀状2020(android)

スマホで年賀状2020(android)

楽天で購入

令和の年賀状は「スマホで年賀状2020」アプリでプリンター不要! お手軽に作れて人気のページです。オトナライフは、【アプリアプリ年賀状日本郵便郵便】の最新ニュースをいち早くお届けします。