iPhoneのiOS 13の新機能「フルページマークアップ」は縦長のページを一発でスクショPDF化できる!

iOS 13で多くの機能が改善されているが、地味に便利になったのがスクリーンショット機能。Webサイトで縦に長いページを撮るには、スクロールしつつ撮影しなければならなかったが、一発でページ全体を撮れるようになった。

ページ全体を撮影できる「フルページマークアップ」

iPhoneのiOS 13の新機能「フルページマークアップ」は縦長のページを一発でスクショPDF化できる!

 Webページをスクリーンショットで撮った場合、今までだと縦に長いページを一発で撮ることはできなかった。iOS 13ではスクリーンショット機能が改善され、「フルページマークアップ」という機能を追加。これは、画面上部の時刻やバッテリー残量、URLや検索バーなどの余計な部分を除外し、ページだけを撮影する機能だ。
 撮影したスクリーンショットは、マーカーツールを使って色々描き込んだり、トリミングして保存する範囲を指定することも可能。保存形式は画像ファイルではなく、PDFファイルとなる。保存場所も、iPhone内だけでなく、iCloudや他社のオンラインストレージへの保存も可能だ。
 なお、「フルページマークアップ」が利用できるブラウザーはSafariのみ。Chromeなどの他社製ブラウザーでは使えないので注意しよう。

iPhoneのiOS 13の新機能「フルページマークアップ」は縦長のページを一発でスクショPDF化できる!

Safariでページを表示したらスクリーンショットを撮影し、画面の左下に表示されるサムネイルをタップする

iPhoneのiOS 13の新機能「フルページマークアップ」は縦長のページを一発でスクショPDF化できる!

上部の「フルページ」をタップすると、Webページ全体の編集画面になる。画面下部のペンツールで描き込み、画面上部のトリミングアイコンで範囲指定が可能だ

iPhoneのiOS 13の新機能「フルページマークアップ」は縦長のページを一発でスクショPDF化できる!

保存するときは、画面左上の「完了」→「PDFを"ファイルに保存"」をタップする

iPhoneのiOS 13の新機能「フルページマークアップ」は縦長のページを一発でスクショPDF化できる!

保存場所の確認が表示されるので、保存したい場所を選択して「保存」をタップする

マップアプリも「フルページマークアップ」に対応

「フルページマークアップ」は、マップアプリにも対応している。マップアプリでスクリーンショットを撮り、「フルページ」を選択すると、画面上のボタンやウィンドウがない、地図だけの状態で保存が可能だ。

iPhoneのiOS 13の新機能「フルページマークアップ」は縦長のページを一発でスクショPDF化できる!

マップアプリでスクリーンショットを撮り、変種画面で「フルページ」を選択する。すると、画面上にボタンやウィンドウがない状態になる。Webページと同様に描き込みやトリミングが可能だ

iOS 13のスクリーンショットに追加された「フルページマークアップ」は、Webページ全体を撮影したいときに非常に便利な機能。「気になるページをメモ代わりに保存」といった使い方など、さまざまな目的で利用できるだろう。

 

iPhoneのiOS 13の新機能「フルページマークアップ」は縦長のページを一発でスクショPDF化できる!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiOSiPhonePDFスクリーンショット設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。