「Amazon Fire TV」をもっと便利にするあまり知られていない機能や使い方10選

【5】鬱陶しいアプリからの通知を減らす

 Fire TVは、インストールされているアプリから通知が届くことがある。しかし、アプリによっては頻繁に通知が届き鬱陶しく感じることも。Fire TVはアプリごとに通知を名管理できるので、邪魔なアプリの通知をオフに設定しておけばスッキリする。

「設定」メニューの「通知」を開き、リモコンの「≡」ボタンを押す。オプションが表示されるので、「設定」を選択する

「通知の設定」画面が表示されるので、「アプリの通知」を選択する

アプリごとに通知を設定できる。通知が不要なアプリは、「オフ」を選択しよう

【6】Amazonに送信するデータを制限する

 Fire TVを使っていると、利用したデータがAmazonによって収集され、広告配信などの利用される。しかし、データを収集されるのは嫌だ!と思う人もいるだろう。そんなときは、「プライバシー設定」を変更しておくのがお勧めだ。

「設定」メニューを開き、「環境設定」→「プライバシー設定」を選択する

データを収集する各項目が表示されるので、収集されたくないデータを「オフ」に変更しよう

【7】子供に見せたくないコンテンツを制限する

 Prime Videoなどでは、子供向けではないコンテンツも配信されている。子供が勝手に操作して、そのようなコンテンツを見られないようにするには、コンテンツの利用制限を設定しておこう。

「設定」メニューを開き、「環境設定」→「機能制限」を選択する

「機能制限」画面が表示されるので、「成人向けのコンテンツの設定」を選択する。ここで、コンテンツの視聴制限を設定したり、特定のアプリの起動やコンテンツの購入にPIN入力を求めたりするように設定できる

「Amazon Fire TV」をもっと便利にするあまり知られていない機能や使い方10選のページです。オトナライフは、【動画・音楽AmazonBluetoothFire TVFire TV Stick設定】の最新ニュースをいち早くお届けします。