32bit版のAndroidアプリが2021年8月で供給停止! 4~5年前の古いスマホが使えなくなる!?

アナタのスマホはいつ買ったものだろうか? もし、4~5年前の古いAndroidスマホをいまだに使っている人は要注意! 実は、2021年に32bit対応アプリの供給がストップされてしまうため、32bit版の古いAndroidスマホは、アプリを入手したりアップデートできなくなるのだ。今すぐ、自分のAndroidスマホが32bitかどうか確認しよう。でも、どうやって? ということで、今回はAndroidスマホのCPUが32bitか64bitか確認する方法を紹介しよう。

4~5年前のAndroidスマホは将来使えなくなる!?

 アナタは、Androidスマホのアプリストアである「Google Play」において、2021年8月1日以降は32bit版アプリが供給されないことをご存じだろうか? 実はこれ、“古いAndroidスマホでは、将来Google Playでアプリの入手やアップデートができなくなる”ということを意味している。
 ちょっとパソコンに詳しい人なら、Windows OSの32bit版と64bit版の話くらいは聞いたことがあるだろう。ザックリ言えば64bitのほうが32bitより高性能である。Android OSでは2014年のAndroid 5.0(Lollipop)から64bit CPUをサポートしはじめたが、その後も32bit CPU搭載のAndroidスマホは発売されていた。したがって、2014年以前のAndroidスマホは確実に32bit。ここ1~2年に発売されたAndroidスマホなら64bitである可能性が高い。だが、その中間のAndroidスマホに関しては、機種ごとで異なるため、自分で調べないと32bitかどうかわからないのである。
 でも、「どうやって32bitか調べればいいの?」と思った人も多いだろう。実はAndroidスマホの設定で確認しても、OSバージョンは確認できるが、32bitかどうかは表示されないのだ。結局、自分で確認するにはベンチマークアプリ「AnTuTu Benchmark」などを使うしか方法がない。

Androidのアプリストアである「Google Play」。2021年8月以降、ここには64bit対応のアプリしか提供されなくなる!

AnTuTu Benchmark

AnTuTu Benchmark

楽天で購入

32bit版のAndroidアプリが2021年8月で供給停止! 4~5年前の古いスマホが使えなくなる!?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidアプリ】の最新ニュースをいち早くお届けします。