AirPodsの落とし穴! ペアリングしてるiPhoneの近くでケースの蓋を開けると本名がバレる?

見ず知らずの人に自分の本名がバレてしまうのは避けたいところ。しかし、簡単に接続できるAirPodsを介すると、本名がバレてしまう可能性があるので注意が必要。本名バレを防ぐためにも、事前に対策をしておきたい。

iPhoneの画面を盗み見されて本名がバレるケース

 ペアリングしているiPhoneの近くでAirPodsケースの蓋を開けると、iPhoneにAirPodsの充電状態が表示される。そのとき、一緒に設定されている名前も表示される。もし、AirPodsに本名が設定されていたら、即座に本名バレ。名前を知られたくない相手の前では、iPhoneの画面が見える状態でAirPodsのケースの蓋は開けないように注意したい。

ペアリングしているiPhoneの近くでAirPodsケースの蓋を開けると、AirPods名と充電状態が表示される。AirPods名に自分の名前が設定されていると、本名がバレてしまうことになるので注意する

AirPodsを貸したり譲ったりしたときに本名がバレるケース

 一度設定したAirPodsは、初期化しない限り名前が設定されたままになっている。そのため、初期化せずにAirPodsを貸したり譲ったりすると、ペアリング時に名前が表示されてしまう。つまり、設定された名前が本名なら、ここで本名バレということになる。

ペアリングしていないiPhoneの近くでAirPodsケースの蓋を開けると、「お使いのAirPodsではありません」と表示される。ここで「接続」をタップすると、そのiPhoneとのペアリングが始まる

ペアリングするには、AirPodsケースにあるボタンを長押しする

ペアリングが完了すると、最初に設定されたAirPods名が表示されてしまう

AirPodsの落とし穴! ペアリングしてるiPhoneの近くでケースの蓋を開けると本名がバレる?のページです。オトナライフは、【デバイスAirPodsAirPods ProiPhoneイヤホン】の最新ニュースをいち早くお届けします。