AirPodsの落とし穴! ペアリングしてるiPhoneの近くでケースの蓋を開けると本名がバレる?

AirPodsに設定されている名前を変えるには?

 AirPodsに自分の名前が設定されてしまっている場合は、名前を変更しておくのがお勧めだ。変更するには、AirPodsを接続している状態で、設定アプリから変更すればよい。

AirPodsを接続した状態でiPhoneの設定アプリの「Bluetooth」を開く。登録されているBluetooth機器が表示されるので、名前を変更するAirPodsの「i」アイコンをタップする

AirPodsの設定画面が表示されるので、「名前」をタップする

AirPodsに設定したい名前を入力し、「完了」をタップする。なお、「完了」をタップせずに戻ると、変更されないので注意しよう

そもそも初期設定時に名前を設定しないようにするには

 AirPodsやApple Watchなど、iPhoneに接続するアップル製品はデフォルトで名前が設定されてしまう。つまり、初期設定時に名前が設定されないようにしておけば問題のないことだ。
 本名とまったく関係ない名前を設定するようにするには、自分の連絡先に「ニックネーム」を追加すればよい。

設定アプリで「連絡先」→「略称」をタップする。「略称」画面が表示されるので、「ニックネームを優先」をオンにする

次に「連絡先」アプリを開く。自分の情報を表示したら、「編集」をタップする

画面の一番下に移動し、「フィールドを追加」をタップする

「フィールドを追加」画面が表示されるので、「ニックネーム」をタップする

自分の名前などが表示されている欄に「ニックネーム」の入力欄が表示される。ニックネームを入力したら「完了」をタップする。これでiPhoneへ接続する機器に付けられる名前がニックネームになる

アップルの製品は非常に簡単に接続できる反面、今回紹介したような問題もはらんでいる。本名はあまり知られたくない個人情報なので、すでに設定されている名前は変更し、ニックネームを追加しておくといいだろう。

AirPodsの落とし穴! ペアリングしてるiPhoneの近くでケースの蓋を開けると本名がバレる?のページです。オトナライフは、【デバイスAirPodsAirPods ProiPhoneイヤホン】の最新ニュースをいち早くお届けします。